ブログトップ

ささやかな刺繍生活

abeille7.exblog.jp

自由研究発表に対しての成長ぶり

毎年、親も頭を悩ますであろう、夏休みの自由研究。

しかも北海道は、冬休みが1か月近くあるので、冬もあったのですよ。
最近、親からの訴えでうちの小学校は、家庭学習の提出に変わりましたが。

昔もあったのでしょうが、親に手伝ってもらうなんて事はありませんでした。

息子が1年生の時は、虫の工作物を提出しましたが、発表はありませんでした。

そのかわり、秋の参観の時に発表があって、当時料理にはまっていたので、「餃子の作り方」を発表することにしました。

ところが、「たくさんの人の前で発表なんて恥ずかしくて出来ない」と練習の時に、
泣き出したようで、先生もどうにも説得できずに、事前にビデオ撮影をしてくれ当日はそれを流しました。

そのような事をしていたのはうちだけで、ちょっと不安に思いましたが、
発表に関しては、年々苦手意識はあるものの、何とかできるようになってきています。

もちろん、先生のフォローのおかげもあると思いますが…。

2年生の夏は、ちょうど6月末に転校したばかりで、親子共に、環境・精神的に不安定でした。
夏休みもまだ友達もできていなくて、学校に行きたくないと訴えており、発表もできないと泣いていました。

始業式の前に、先生に事情をお話してフォローをお願いし、
息子にもそれを説明してなだめ、何とか登校できこなしてくれたようです。

3年生の時も、始業式が近づくにつれてどうかなと心配しましたが、
幸い女性の先生が、とてもきめ細かくフォローしてくれていた方だったので、難なく終わりました。

そして、今年はどうかなと思って黙っていたら、
今朝、「どうやって発表したらいい?」と聞いてきました。

私は、「絵と写真を見せて、書いてあることを説明して、ついでに標本を作りました、でいいんじゃない。」
と答えました。

「どこが難しかったとか言わなくていいのかな。」というので、

「標本をつくる時に、トンボの色があせたり、変なにおいがした事でも言ったら?」

と、ちょっと投げやりに(朝忙しかったので…。息子に申し訳なかったなと今思っています。)言ったら、
なんだか納得しない様子でしたが、普通に家を出て行きました。

大きな紙袋に標本の箱を3つ持って…。

今日は無事に発表が終わった事を祈るばかりです。



[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-21 11:42 | 子ども | Comments(0)

自由研究 標本です。

夏休みの自由研究「円山公園の昆虫」

①絵と特徴の説明
②写真
③標本
の3つセットです。
c0248030_11064052.jpg
標本はほとんど私の担当でした。

c0248030_11065398.jpg

こちらの横向きのは、息子にやらせました。

西岡公園のヤンマ団の活動を聞くと同時に、標本のやり方も教えてもらいました。

それまでは、かごの中でぶつかり合って切れた羽をセロテープで貼っていました。

今回は、三角紙に1匹ずつ包んで、冷蔵庫での保管を実践しました。
ふんを出すので内臓がきれいになり、腐りにくくなるという事でした。

しかし、餓死させるのはなんとも、心が痛みました。
ところが人間という物は怖いもので、慣れてくるとその痛みも薄れてきそうです。

もう、もちろん標本以外はやらないつもりですが…。

刺繍の額を額縁専門店で買った際に、大きなケースも買ってあったのですが、
眼鏡ケースにしていた別のガラスケースに入れていた時に、死骸の異臭がすごかったので、
なんだかそれを使うのが惜しくなってしまいました。

100円ショップで透明なアクリルのジュエリーケースがあったので、こちらで間に合わせました。

刺繍の方は、トンボ同様ワイヤーワークでアゲハを刺して、
そのうち「刺繍の昆虫標本」を作れたらと思っています。


[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-21 11:05 | 子ども | Comments(0)

夏休みの宿題、一応終わりました。

クリアポケットに入れてあった、白い紙類がようやく全部なくなり、今朝息子は元気に登校して行きました。
c0248030_09462495.jpg
と言っても、読書カード・音読カードは昨日まとめて10日分くらい適当に書いて、誤魔化しをしていました。
本当は、25日分必要なのにね。

でも、私はそれでもいいと思っています。
適当に誤魔化す力、「まあいいや」と思えるある意味柔軟な思考が必要だと思っているからです。

息子は、つい最近までは、真面目で正義感が強すぎるせいか、
他人も含め、ずるをしたり誤魔化したりするのが許せないようで、
なかなか妥協する事ができない性格でした。
少しずつ、自分の中で折り合いをつける事を学んできたように思います。

まあ、今も私が黄色点滅信号や、横断歩道以外を渡るのを許してはくれませんですけれどね…。

[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-21 09:45 | 子ども | Comments(0)

星空観察

8月に入って札幌は、曇りの日が多くて星が見えない夜が続きました。

「8月に入って星空観察の宿題をやろうとした人は、みんな出来ないはずだから、大丈夫だよ。」
と、宿題をやらせない気でいた、私…。

そしたら、昨日の夏休み最終日は快晴で、星もようやく登場してしまいました。

自宅で見るより、周りに光がない所へ行った方が良く見えるだろうと、夫が車を借りてくれました。

ばんけいの森で、夏の大三角形等を観察した後、

ついでに、大倉山ジャンプ競技場にも行きました

眼下に見下ろす札幌の夜景がきれいでした。

c0248030_09271617.jpg
c0248030_09273280.jpg
久しぶりのジャンプ台、表彰台です。

去年は、東京の小学校の先生方が遊びに来てくれて、この表彰台で一緒に撮影をしたのを思い出しました。
あれから、ちょうど1年が経ちました。

ずっと休んでいたblogを再開したのも、このもう少し後でした。
まだ課題はあるけれど、かなり自分が元気になれたのは、家族を含め周りの方のおかげなので感謝したいと思います。
c0248030_09274673.jpg
恋人のためのライトアップ?
夜の9時にもかかわらず、観光バスで観に来ている方がたくさんいました。

[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-21 09:26 | お出かけ | Comments(0)

夏休み最終日、今日だけ快晴!

c0248030_08295857.jpg
ようやく、気持ちよく晴れました!

7月の異常な暑さよりはましだけれど、
今月に入ってからは、一時的な晴れ間はあっても、
常にどんより曇りがちだったのです。

最終日だけなんて、なんだか悔しいですけれどね。

昨日も、夜は予定が狂って勉強出来なかったので、
今日は、宿題総仕上げでお出掛けなし予定です。

でも、こんなにお天気だと、お散歩したくなっちゃいそう…。

[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-20 08:29 | その他 | Comments(0)

夜の動物園

夕飯の準備を全部してしまって、公園遊びの後は夜の動物園へ繰り出しました。

夫は、大抵土曜日は営業所に仕事をしに行ってしまっています。
c0248030_07201568.jpg
ものすごく混んでいてびっくりしました。みんな考える事は同じなんだなぁ…。

竹の筒にキャンドルを灯すイベント。暗くなるにつれてとてもきれいに見えますね。
c0248030_07203033.jpg
夜の動物園って、北海道に来る前は上野動物園のも行った事があります。

イベントもそうないし、昼間とほぼ何も変わらないのに、暗い園内を歩くだけで、なんとなくわくわくしますよね。

まだ、日が暮れないうちに、トンビ(トビ)と撮影もできました。
c0248030_07210687.jpg
c0248030_07204102.jpg
立派ですね。羽を広げると130㎝あるそうです。

飼育員さんの話によると、
トンビはタカ目(もく)ですが、タカと違って生きたものは食べずに、死んだものや食べ残しを摂取します。
なので、よくカラスとごみの取り合いで喧嘩になります。

「トンビがタカを産む」と言って、
平凡な親から優秀な子ができたみたいなことわざ?がありますが、
あれは、自分で生き物を捕食しないトンビをタカより下にみた人間が、そのように言い出したのが始まりです。

色々な動物の夕飯タイムがありましたが、園内が暗くて見えないのと、人が多すぎて、息子は飽きてしまったようでした。

休憩所のボルダリングをやっていました。
c0248030_07211517.jpg

その後、19時20分に園を出たのですが、まだチケットを買う行列や、車の渋滞で人があふれていました。

今から入るの大変だなぁと思いながら、坂を下り家路につきました。

[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-20 07:32 | お出かけ | Comments(2)

クワガタの絵

今年は、いただいたノコギリクワガタ・ミヤマクワガタだけが、
まだ元気にしています。

息子が自力で捕まえた、4匹は死んでしまいました。
小型の方が結構長生きするのに、何故だろう?

1匹目 滝野自然公園の炊事遠足で、スジクワガタを、
2匹目 東川町のスカウトキャンプでアカアシクワガタを、
3、4匹目 知床の旅行でコクワガタ、オニクワガタを

と、種類は豊富でした。

c0248030_14104821.jpg
こちらは去年書いた、ヒラタクワガタの絵。
いつかとってみたいです。
左が息子、右が私の絵です。

[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-19 14:11 | 子ども | Comments(0)

クレープやさん「クローバー」

いつも、車を借りた時に寄るのがこちらのお店です。
c0248030_06461573.jpg
クレープは良心的な価格で、ソースだけのクレープなら180円から販売されています。
バナナ、生クリームを足しても380円位。

どうしても原宿のクレープを思い出しますが、当時でも、4~500円しまたよね?
30年近く前だから、今はもっと高いのかな?

ほとんどの方が持ち帰りか、車内で食べているようですが、
端に小さな椅子が3つあるので、座れればラッキー。

店内はクレープの味同様、素朴な優しい感じです。
札幌に何店舗化かあるようです。

c0248030_06571107.jpg
ちなみに、北海道は四つ葉のクローバーが探しやすいと、
前の小学校が一緒で、同じマンションだったママ友が話してくれました。

実際に息子は、東京も含め3~4回は見つけています。

私は息子よりこんなに長く生きているのに、1度も見つけた事がありません。
それもきっと珍しいですよね…。

そのママ友は、なんと小学校5~6年の時に、
今の息子の小学校に通っていたんだそうです。
当時の住まいも丁目まで、今の私達の住所と一緒。

そちらも転勤族なので、私たちがそのマンションを後にした半年後、名古屋に引っ越してゆきました。

[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-19 06:43 | 食べ物 | Comments(0)

糸の収納方法

前回の、カメラマンさんからのアルバム、見開き2ページ分を撮り忘れていました。

最近、ボケボケの私です…。

c0248030_07245540.jpg
こんな風に糸を収納していました。
他にも、ボビン糸はイタリア製の羊のメモボード(お腹部分が白いフエルトで、頭と足が木でできていました。)
にまち針で留めたりしていました。
ボードは引っ越しの時に涙をのんで捨てました。

ようやく、子どもが壊さなくなったので、今欲しいです…。

ガラスのジャーは、フラワーコーナーに売っていたものでした。
子供に投げつけられ見事に割られました。
この時は、私は理不尽さを感じ泣いて激怒しましたけれどね…。

あとは、課題やサンプルで作った作品たちです。
c0248030_07250967.jpg
上のは解体し、生地とボタン以外は処分しました。
収納袋にしたけれど、使い勝手が悪かったからです。
c0248030_07251738.jpg
こちらは、今でも手芸道具入れにしています。

アンティークの図案を参考に、リボン糸とビーズで刺したものです。
両方とも、専用針が必要になります。

現在の収納状況です。
c0248030_07252500.jpg
c0248030_07255486.jpg

そして、私のミシンコーナーはこのように隅に追いやられました?
今はほとんどミシンを使わないので(刺繍課題で手一杯なので)、いいのですが。
c0248030_07260140.jpg
昔ミシン用に使っていた、我が家で一番の高級家具だったデスクは、息子がぐちゃぐちゃにして使っています。
もはや、勉強机ではないです。物置です。


[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-18 07:36 | インテリア | Comments(0)

「少年よ、大志を抱け」

昨日は、野球の延長戦をしっかり放送してくれたおかげで、
親子で遅くまで見てしまい、今朝はラジオ体操はお休みしました。

家族が寝ているうちに、更新を…。

昨日は西岡公園の後、コンビニで買った昼食をどこかでとろうという事になりました。

羊ケ丘が近かった為、そこで食べようとなりましたが、
駐車場代がかかるらしく、普通の公園を探そうと私が言うと、
「150円しかかからないはず」と言うので、
「そんなはずはないだろう。」と心の中で思いましたが、並んでみました。

そしたら、入場料が一人500くらい円かかったのです。

この有名な像を見る為だけに、1500円て…。
時々訪れる北大にもあるので、そちらでよかったのになぁ。
c0248030_07121649.jpg
c0248030_07112115.jpg
景色は良かったけれど、こちらでなくても見れるものです。
真ん中シルバーの丸いのは、札幌ドームです。
c0248030_07113568.jpg
教会や、雪まつり資料館などがありましたが、見ませんでした。
お土産やさん以外他には何もありません。

周りは観光客しかいませんでした。
c0248030_07115557.jpg

はっきり言って、こちらの方が嬉しかった。
ファイターズが北海道に移動してきた時の、当初のスタメンメンバーの手形!
新庄選手のもありました。
c0248030_07120545.jpg

[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-18 07:15 | お出かけ | Comments(0)

栗の成長ぶり

ここらで、トンボの話は一休みしたいです。

冬から、ずっとあせもが完全に治らず息子は皮膚科に通っているのですが、帰りの道すがらに栗の木があります。

去年の秋には、この栗を拾ってきてくれ、なんちゃって栗ご飯にして頂きました。

今年もそれを狙っているようで、成長具合を私に見せたいみたいで、ぐいぐい栗の木の下に連れていかれました。

「順調に大きくなってる!」と言っていました。

まだ緑で小さいのですが、落ちているものがありましたので、拾って飾る事にしました。
こちらです。
c0248030_19144624.jpg

[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-17 19:08 | インテリア | Comments(0)

トンボの聖地 西岡公園

西岡公園は、野鳥観察ができる公園としても有名なのですが、
電車・バス・徒歩と交通の便が悪いので、今まで連れて行ってあげれていませんでした。
(探鳥会は朝9時集合ですので、自分がキツイ…。)

それよりも、トンボの聖地としても名が知られています。

今日は夫が、車をカーシェアで借りてくれたので、足を運ぶことができました。
c0248030_18125745.jpg
こちらの公園内の団体「西岡ヤンマ団」の研究が素晴らしかったので、
息子にも入ってもらいたいと前から思っていました。

以前に、サケ科学館で研究発表のポスターを見たのですが、
小学生とは思えない程、テーマも面白く、高度で感心したのです。

ですが、息子はただ捕まえ、種類を確認するのだけが好きみたいで、やはり無理でした。
というか、旭川から通っているお子さんもいるくらい人気があるので、定員オーバーで入れないと思いますが…。
c0248030_18130592.jpg
公園の中心にある池の周りに、林が広がっています。小川も流れています。
c0248030_18131312.jpg
朝なので、鳥も盛んに鳴いており、キツツキ系で1番小さい”コゲラ”も見れました。
c0248030_18132195.jpg
このために、昨日虫網をもう1つ買いに行き、私もオニヤンマ捕りに挑戦です!

私は中学1年生まで網を振り回していたので、自信があったのですが、素早すぎて全く捕れる気がしません。

しかし、細くて身軽な息子は(運動は苦手な方なのに)果敢に追いかけ、オニヤンマ・コオニヤンマをgetしました。

あんなに小さな背丈なのに、ジャンプして、すごかった…。
私は、動体視力と持久力・瞬発力の衰えをしみじみ感じました…。

息子のこの能力、何かに活かせないものですかね。
でも私も、大人になって全く活かせなかったからなぁ~。

しかし、昨日立てたスケジュールは見事に崩れました…。
明日からまた戻します。

私は疲れ切って家でぐったりしていたら、
夫に、
「いつまでこうやって息子とトンボを追い回せるかわからないんだぞ。」
「来年には興味が他にうつるかもしれないんだぞ。」
と言われて、一緒にトンボ捕りができた事を幸せに思わなくてはいけないなと、また気が付きました。

[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-17 18:29 | お出かけ | Comments(0)

そして、図鑑類に多大な出費が…。

c0248030_18235237.jpg
一気に買ったわけではありません。
2年近くかけて、購入しました。

鳥の本は、飼育員をしている高校の同級生が、
私たちの北海道転勤が決まった時にプレゼントしてくれました。 

北海道は野鳥の宝庫ですので、本州の鳥好きの方も、所有しているかも知れませんね。

北海道に限らず、こういった地域限定本は発行部数が少ない為か、
本にしてはびっくりする位高価です。
古本でもそれなりのお値段です。

でもせっかく北海道に来たのだから、
その生態を少しでも体感して記憶に残してくれたらいいな…
そう、思っています。

[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-16 18:21 | その他 | Comments(0)

今日は、ルリボシヤンマです。

前々回の、オオルリボシヤンマとは、少し模様が異なるのです。
c0248030_17483916.jpg
⬆ルリボシヤンマ
c0248030_17504762.jpg
⬆オオルリボシヤンマ

今日はスケジュール通り、虫捕りにいかせる前に1時間宿題をやらせました。
自由研究で、円山公園に生息する、昆虫の絵と特徴を図鑑からうつしています。

ちなみに自由研究は、
2年生の時は、クワガタ、
3年生の時は、野鳥でした。

どちらも図鑑うつしなので、もう少し踏み込んで、
似た昆虫の比較とか、生息場所や時期の理由を探るなど、
課題を発展させてほしくて提案するも、面倒くさがります。

まあ、仕方ないですね。

標本作りは、私がやることになるので今から頭が痛いです。

この他にも、またオニヤンマを3匹捕まえて来たのですが、ちゃんとすぐに逃がしていました。
私が昨日、標本にすることに対して文句を言っていたからかな?

今は、この生きているルリボシヤンマを見ながら、絵を書いております。

⬇描き終った絵
c0248030_18044913.jpg

それにしても、何のblogか分からなくなってきました。

刺繍は、常に息子がいる状態では、とても落ち着いては出来ません~。
虫捕りに行ってる間は、ネットをしたり、夕飯の下ごしらえをしたり、ちょっと横になっています。

掃除が全く出来ていない状態なのですが、
これも仕方ないよね?
月曜日学校が始まって落ち着いたら、全てやります、はい。

[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-16 17:47 | その他 | Comments(0)

宿題が終わっていません。

最初に大まかな予定表を書かせ、あとは声をかける程度にしていた、子供の夏休みの宿題。

プリントは終わったけれど、苦手な日記、観察記、自由研究が終わっていません。

何度も言ってもやらないので、
「終わらなかったら、先生にそう言いなさいよ。」
「恥かいてきなさい。」
と言ってありました。

あまり、やいやい言う自分にも嫌気がさしてしまうのですが、
残り5日でこの状態だと、やらせるように親がもって行かないとだめかな…。

甘い私を見るに見かねて、旦那が1日のスケジュールをかきはじめました。
普段、私が息子に学習させる大変さを分かってないくせに~と、思いましたが、
枠にはめたやり方のほうが、意外に言うことを聞きそうです。

無理矢理ではなく、自発的にやって欲しいとは思いますが、
それはまだ先のようです。
c0248030_11495284.jpg
それにしても、旦那の字はお見せできるようなものではありませんねぇ。

[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-16 11:40 | その他 | Comments(2)

オニヤンマ4匹です。

昨日の午後は、おみこし担ぎの後、公園へ虫捕りに行った息子。

帰宅し、開口一番笑顔でこう言いました。
「お母さん、すごいお土産があるよ!」と。
そして、虫かごから、オニヤンマを4匹見せてくれました。

c0248030_10320245.jpg
実は前日、動物園の帰りに林の中を通り、小さな小川の上にオニヤンマが旋回していたのですが、
素早すぎてよく見れませんでした。
「ああ~、もう一度オニヤンマを近くで見たいな~。」と私がつぶやきました。

それを覚えていてくれたのか、
翌日、遠くのそこまで行って捕ってきてくれました。
しかも4匹も!すごい!

オニヤンマはトンボの王者で、かなり激しくまたパワーもあります。
狭い虫かごの中でぶつかりあって、羽が折れてしまいましたが、
それでも、迫力がありますし、きれいですね。
c0248030_10360482.jpg
c0248030_10364590.jpg
4匹もいると、圧巻です。

ちなみに、標本にしようと、自然に死んだカミキリムシやクワガタを入れた箱からは、
異臭が漂ってしまい昆虫たちは土に埋めました。(ごみと一緒には捨てません。)
防虫剤入れたんだけれどな…。

以前に捕まえたトンボは、少し見てから逃がそうと半日網戸につけていたら、
暑さのためか亡くなってしまいました。ごめんなさい。

それらと、こちらのオニヤンマをどうしても標本にしたいという息子。

うーん、うまく標本にできるんでしょうか…?それに心が痛むよ~。

[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-16 10:40 | その他 | Comments(0)

知床旅行回想記 vol.3

3日最終日です。
中標津町にある宿だったので、正確に言うと、もう知床半島にはいないのですが…。
宿ですが、目の前に川が流れていて、そこで釣りをするのを楽しみにしていた息子でした。

けれど、泊まる当日は午後から雨でできず、3日目は朝から雨でできないと言われました。

釣り竿は持っていました。
チャレンジの努力賞ポイントをためて交換してもらったもので、
それを使ってみたいという一心だったのだと思います。

(息子はポイントがたまるとすぐに、小さなおもちゃに変えてしまうのですが、こちらも大したポイント数ではないのに、結構本格的な作りで、親としては得した気分です。)

せっかくなので形だけでも釣りができないかなと、宿から少し離れた川に行きました。

前日雨でもそこで釣りをしている親子がいて、釣れていたのです。
エサだけは、分けてもらえないか宿でお願いしてもらいました。
c0248030_06430518.jpg
c0248030_06433021.jpg

家族3人、誰も釣りの経験がないので、どこにどう餌を投げ入れたらよいかわからず…。
しかし、岩場のカゲにいそうな事はわかりました。でも食いつきません…。

でも岸辺付近にも、小さな魚がちょろちょろしていたので、結局網で捕まえました。
やまべ(やまめ)の稚魚です。光ってきれいです。
c0248030_06435386.jpg
この稚魚は、昨日の夕食で、甘露煮と天ぷらで出ました。
もし昨日釣っていたら、その分は料理してくれるはずでしたので残念でしたが、今日は逃がしました。

嬉しそうな息子の様子。
c0248030_06440975.jpg
満足してくれたかな?

そして、雨の中宿を出発し、先日主人が見た阿寒湖近くのオンネトーという湖へ。
北海道三大秘湖のひとつです。

気温ですが、前日から寒いです。たぶん15度下回っていたでしょうね。宿では暖房付けました。

c0248030_06513954.jpg
お天気に恵まれなかったので、あまりきれいに見れずに残念です。
c0248030_06520837.jpg

ちなみに、晴れていて見晴らしがよい時に、主人が撮った写真はこちらです。
これが見たかった~!
c0248030_11115226.jpg
このあと、湖のほとりにある、小さな茶屋に行ったのですが、
そのそばでトンボを眺めていたら、営業時間終了になってしまいました。

仕方なく、すぐ近くにある野中温泉でお湯につかりました。
シャワー設備もない、本当の温泉です。

それにしても、ここから食べ物がある場所まで辿りつくのに、1~2時間はかかります。

道東は高速もそうですが、ガソリンスタンド・サービスエリア・コンビニがほぼないので、
食べ物にありつくまで大変ですし、特に冬は夜は危険で走れません。
人が住んでない地域が広すぎですから…。

もろこし街道までいって、トウモロコシを食べてお腹を満たしました。
トウモロコシ畑も綺麗ですよ。背丈が高いのですね。
c0248030_06524888.jpg
そして、せっかくだから途中下車して、帯広の街で昼ごはん(すでに17時ですが、)を食べようという事になりました。

帯広は六花亭の本店があるところです。そこそこ規模の大きな都市でした。

この地で有名な豚丼を食べようとしましたが、長蛇の列であきらめました。
結局チェーン店のカレーを大急ぎで食べて、帰路につきました。

そしたら、トマム付近の事故で、高速道路が上下線とも通行止めでした。
でも下道を行くとなると、人が住んでいない地域で暗いし、峠を越えないといけなく危険なので、通行止め解除を待つことにしました。

渋滞は本当につらいですね。特にお手洗いが…。
なんとか進んで1度インターで降りてユータンしてトイレに行き、またのりました。

しばらくして動き出しましたが、家に着いたのは11時近くでした。

とにかくずっと雨で、残念でしたが、それでも限りある時間を有効に使い、結構楽しめたのではないかと思っています。

道東は意外にも雨の確立が高いのですが、こればかりはどうしようもありません。

もっと遠くから来た人たちの旅行の時は、絶対に晴れてほしいなと思いました。

[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-16 07:07 | お出かけ | Comments(0)

ふくろうのお宿 だいいち

2日目の宿は、シマフクロウが訪れる宿、
養老牛温泉「だいいち」に泊まりました。
c0248030_15140910.jpg
野鳥ファンの憧れの宿でもあるそうです。

何十年か前に、宿の前の川の魚を食べられてしまう事から、
敢えていけすを作り鯉を放しておいたら、
しょっちゅう食べに来るようになったそうです。

現在は餌付けの台が置かれていて、宿泊客はいつもフクロウを心待ちにしています。

以前に主人が出張で泊まった際には2回見れて、その大きさに驚いたらしいのですが、
今回は残念ながら見る事はできませんでした。

c0248030_15155280.jpg
お食事も海の物が中心で美味しかったです。
ウニは好きではなかったのですが、クリーミーで臭みが全くなくとても美味しかったです。
c0248030_15165433.jpg
息子はお子様ランチで。
c0248030_15171443.jpg

朝食はバイキング形式です。葉物がたくさん食べられて満足でした。
c0248030_15161686.jpg
毎朝、つきたてのお餅を食べさせてくれます。
大人でもお餅つきができます。
c0248030_15174837.jpg
おもてなしの心遣いがギュッと詰まった宿でした。

私達にとってはいつもより贅沢な宿ですが、
大多数の方にとってはきっとそう高くはない料金で、お盆なのに良心的です。おススメです。


[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-15 15:21 | お出かけ | Comments(0)

知床旅行回想記 vol.2

2日目は、ウトロの民宿を出発し、
ガイド付きの知床五湖ツアーに参加しました。

許可証を購入しないと入れない地域です。 
c0248030_15421532.jpg
ヒグマに出会う可能性もあるという事で、
少しでも気配を感じたら、引き返すというツアーでした。
c0248030_14260698.jpg
入り口で記念撮影を。どきどきです。
c0248030_14222945.jpg
このような、うっそうとした笹やぶみたいなところを進みます。

散策に入る前に、ヒグマ対策のレクチャーを受けたのですが、
ヒグマに会わないことを前提にした説明が念入りにされます。

見通しの悪い所では、音を鳴らしたり、声を出してこちらの存在をアピールするなど。

そして、万が一出会ってしまったら、騒がず慌てず(←できるかなこれ。)
ゆっくり引き返せば、決して追いかけてはこないのだそうです。

以前、札幌でヒグマ講習会を3時間受けたのですが、
そもそも、襲われる人の半分はハンターなので、一般の人が襲われる可能性はものすごく低いのだそうです。
山菜取りやキノコ狩りに夢中になってしまい、たまたまばったり遭遇し慌てると、
向こうが威嚇と勘違いして、まれに好奇心の強い雄や、子育て中で敏感になっている母グマに
やられるという事があるそうです。

知床のヒグマは人間を恐れるという本来の姿ですし、人間の食べ物を口にした事がないので、
食べ物を狙って行動を起こす事はないそうです。
(国立公園への食べ物飲み物の持ち込みは厳禁です。)

そうは言っても、過去に凄惨な事故があった事実を知っているからか、
ヒグマに出会ったらと想像するだけで恐ろしいですよね。

とはいえ、無事に5種類の湖にたどり着くことが出来ました。

1~5湖まであるのですが、どれがどの写真かわからなくなってしまい、すみません。
お天気が良くなく、あまりきれいに撮れませんでした。

c0248030_14225003.jpg
c0248030_14230659.jpg
c0248030_14240574.jpg
最後は、湿地帯のような場所に作られた、ウッドデッキの上を通り終了しました。
c0248030_14250844.jpg
3時間弱の散策でした。

ガイドさんのお話が興味深かったです。
今までに400~500回は、ヒグマに遭遇しているけれど本当に危険だったのは2回だけだとおっしゃっていました。

でも、その時でもくまスプレーを使おうとは思わなかったと。
知床のガイドはたぶんほとんどの人がそうだと。
ヒグマにそんな事をするなんて思わないのだそうです。
私はそれを聞いて、「そんな事をするくらいないら事故にあっても仕方ないんだ」と考えているのではないかという解釈をしました。
ヒグマを愛しているのだなと思いました。

ここで敢えて申し上げますが、ガイドさんは説明や知識は一級品でしたが、お客様に対しての態度が高圧的でした。

お客さん達が少し口をはさむと、説明だけ聞いてればいいんだというような言い方をされ驚き、その後は説明を聞く気が失せてしまったので、この方は損をされてると思います。

普段は、彫刻家をしているらしいので、芸術家肌なのでしょうが、
ガイドとはいえお客様相手の商売ですので、違和感を覚えました。

海外だったら、キャラクターとして受け入れられるでしょうが、日本では難しいなと感じました。

でも世の中にはいろいろな人がいると、そしてそれをどう捉えていかに自分たちが嫌な思いをしなくて済むよう、意識を持っていくかを考えさせられました。

ちょっと重たい話になってすいません~。

クマは、はく製を堪能しました~。
c0248030_14214259.jpg

[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-15 14:44 | お出かけ | Comments(0)

知床の野生動物

これは、知床に限ったことではなく、
北海道ならどこででも遭遇する可能性がある野生動物たちです。

エゾシカ
c0248030_14052061.jpg
ほんと、バンビちゃんみたいでかわいいのですが、農家の方からすると害獣になってしまうのですよね。

5千頭位が適正な数らしいのですが、世界遺産登録の時に、
外国に対する世間体を守るため、駆除を3年間控えたら、
1万頭→2万頭に増えてしまったそうです。
c0248030_14054469.jpg
c0248030_14065006.jpg
道路脇で、もしゃもしゃ草を食べていました。
車内から撮影しましたが、これだけ近づいても逃げないんですね。いいのか悪いのか…。


キタキツネ
c0248030_14080440.jpg
昔、北海道へ旅行をした時、キタキツネ牧場へ連れて行かれましたが、
やせ細って毛づやの悪いキツネたちで、何だかかわいそうに思ったものでした。
野生のキツネは、色つやも良かったです。

北海道の人たちは、彼らが持つエキノコックスの菌の怖さを知っているので、
安易には絶対に近づかないそうです。

キタキツネは、去年神宮でラジオ体操をしていた時に、
親子でひょっこり現れびっくりした覚えがあります。


[PR]
# by lapinmillemille | 2017-08-15 14:16 | お出かけ | Comments(0)