人気ブログランキング |
ブログトップ

ささやかな刺繍生活

abeille7.exblog.jp

久しぶりにランチをしました。

久しぶりに、ママ友(友人)とランチをしました。

ケーキ屋さんのランチなので、カップに入ったケーキがまるまる選べて、それにクロックムッシュとドリンクが付いたセットでした↓
c0248030_10315310.jpg
4月頃は、(もしかしたらあと2か月位で帰任かもしれないから、近所のカフェ巡りをしてみよう…)なんて思っていました。
けれど結局、自分はカフェよりも自然とか運動の方に興味があるから、刺繍目的のスタバ以外は、あまり行っていませんでした…。

今回は、いつも6月末にする引っ越しも回避する事が出来ました。

北海道生活も、あとラスト1年です。
転勤期間は最長5年ですが、来月で5年目に入りますので…。

しかし静岡転勤の時は特例で6年間いましたから、100%帰るとも言い切れないのですが、90%以上は帰ることでしょう。

悔いのないよう、楽しみながら過ごしたいと思います。

ママ友とのランチでは、あまり子供の事は話しません。
子供抜きでも、感性や趣味が合うかを自分は重視しています。

でも、今回はもう6年生だし、進路や勉強などについても結構話したかな、
みんな(かどうかはわかりませんが。)何故、親の言う事を聞いて、長時間塾に行ったり、それなりに勉強をするのか不思議です~。
ちゃんと動機づけを説明出来ていて、子供も納得しているのかな。

息子は、なかなかこちらのいう事は聞いてくれないので、正直ハードルを下げて提案しますが、頑固な部分があって、つい他のお子さんのお話を聞くと羨ましく思ってしまったりしますね。

でも自分自身もそうですけれど、人と比べたり、
人の子供と比べても何にもならないので、我が子にあったやり方を考えなければなりませんね。

「素材は良さそうだけれど、集中の差の波が激しすぎる」と、塾の先生に相談した際にまた言われて、
かつ「お母さんはしつけのみに集中して、勉強には関与しないほうがいい。」とも言われました。

先生も、息子の性格をよくわかって下さっていて、あの手この手で集中できそうな切り口を探してくれたり、
レベルをかなり下げて問題に取り組ませているようです。

しかし、それだけじゃやはり足りないような気がしてきて、昨秋までは目の前に私が座って一緒に勉強していたので、
それをまた短時間でもいいから復活させよう、と思いました。

(自分でやってくれればいいのにな、集中してくれればできそうなのにな…。)は、どうやら諦めないといけないようです。

つかず離れず、一緒にやりながら見守るというのが、結構難しいですね~。
c0248030_10321349.jpg
↑お店のディスプレイも好みでした。

# by lapinmillemille | 2019-06-21 06:30 | 食べ物 | Comments(0)

作品展後のお教室でした。

作品展が終わった後、久しぶりのお教室に行ってきました。

展示会中ずっといて下さった、先生に”お疲れ様でした。”の気持ちでいっぱいです。

6日間で、来客は500名を越えたそうです。

もちろん、先生や生徒さんのお知り合いも多いのでしょうが、
駅前にある大型本屋さん内であるという、立地のおかげもあると思います。

「じゃあ、お教室に入る方も少しはいらっしゃるかな?」と先生にうかがったら、

「いや、それは難しいと思う。」とおっしゃっていました。

作品展は、お教室の紹介や、刺繍・パッチワークの魅力を感じてもらうという事よりも、

生徒さんの作品発表の場…

つまり、日頃精魂込めて製作した作品を見てもらう事に張り合いを感じる、
締め切りがある事によって、モチベーションを上げて頑張る…

という、事を一番の目的にしているように思いました。

私は実はそこまで思っていなかったのですが、
やはり締め切りがある事によって、集中力が増して毎日取り組めたと思っています。

今は早朝から刺繍なんて、出来ませんもの…。

のんびりと、洗濯や朝食の準備などの家事をして、終わってしまっています…。

そうそう、ヒーダボーリングは下絵に沿ってつなげていったら、だいぶ形が整いました。

右上のが、何もせず適当につないだもの、
左下2つが、下絵に沿って、またチャコペンで印をつけながらやったものです↓
c0248030_08065927.jpg
でも、こうやって見てみると、大差ないような気もしますが…。

最後に、展示会後に皆さんで写った集合写真です。
先生を囲んで…。
c0248030_08071661.jpg
思ったよりは、参加人数は少ないんだなと思いました。

# by lapinmillemille | 2019-06-19 08:23 | 刺繍 | Comments(0)

そして、また変わり映えのない記事ですみませんが…。

c0248030_06442215.jpg
リングをある程度数を作ったので、もう一度つなげてみました。

最初にやった時は、お花の形が歪んでしまったので、今度は下絵に忠実にそって繋げてみました↑

でも、なんだか以前より、刺繍に対してやる気が出なくてのんびりやっています。

こちらを10個仕上げれるのは、いつになるのでしょうか〜。

私的な事ですみませんが、肩の脱臼の治療がこんなに長引くとは思っていませんでした。

治るまで3ヶ月はかかると予想はしていましたが、それ以上のようです。

整形外科の先生は、スキーシーズンまでには治るとはおっしゃいましたが、
今リハビリを担当して下さっている、作業療法士さんによると、
「人によるし、リハビリ具合にもよるから、何とも言えない。」だそうです。

肩の骨が一度外れた事による炎症というよりも、腕を固定していために関節や筋肉が固まった事が原因で動かない…
つまり肩の可動域が狭くなってしまった…という事らしいです。

よく、柔道の選手などが、試合中はずれてその場で入れなおしている場面を見たりしていたので、そんなに時間がかかるとは思っていませんでした。

しかし、甘くはなかったです。

でもそれ程後悔はないと言うか、極端な話、このまま腕が上へあがらなくても背中に回らなくても、
着替えに支障が多少ある程度なので、仕方ないかとまで思っています。

でもできれば完治を目指し、また来シーズンへ向けて、下半身強化のためできる限り歩いたりしています。

ちょうど用事を済ますために赴く場所が、大体3~4駅位先なので新緑の季節を楽しみながら…。

夏の間は、好きな水泳をやりたいと思っていました。

でも肩が動かず断念したのですが、水泳こそ良いリハビリになるようですので、昨日スポーツクラブに再入会しました。

まともな泳ぎはもちろんできませんので、今回は上達は考えていません。
ビート板を使って少し痛い位、肩を下げて可動域を広げるようにしています。

陸地で立って、腕を上げる動作より、浮力を使って体を下に下げる方がやりやすいのです。

と、またリハビリを兼ねて、夕方に運動が入ってきましたが、
これは必要な事なので、時間をやりくりして取り組みたいと思っています。

# by lapinmillemille | 2019-06-17 08:56 | 刺繍 | Comments(0)

少しずつリングを増やしています。

c0248030_06440861.jpg
なんだか、変り映えのない記事ですみません。

リングの量が増えただけで、何も変化はないのですが…。

最近は、土曜の朝はスタバの日にしつつあって、そこである程度進めるようにしています。

ちょっぴり優雅な気分でゆったりできますし…。
時々夫もついて?来ます。

家だと、なんやかんやと家族に話しかけられて、集中出来ない感じ。
それはそれで、会話が有るって事でいいことなのでしょうけれどね。

何だか、この半年くらい特に夜が慌ただしいと言うか、当たり前と言えばそうだしまだ仕方ないのだけれど、
子供が終始話しかけてくるのでその相手をしていたのですが、

それは、スキーシーズン入る前からボーイスカウト活動(泊まり)がなくなって、夜一人の時間がなくなった為と気が付きました。

それまでが、恵まれていたんですよね。
何をして過ごしていたか忘れてしまったけれど、たまの解放感を思いっきり味わっていたように思います。

でも、子供がお母さんにこんなに話しかけてくれるのも、「今のうち」とありがたく思うことにしたいです。

しかし、反抗期か、日に日に口が悪くなってくるのも見逃せません。
自分の子が、(このような言葉遣いをするのか…)と、愕然とする日々でもあります。

まだまだ、子育ても気が抜けないなと、思っている今日この頃です。

# by lapinmillemille | 2019-06-16 06:30 | 刺繍 | Comments(0)

コツコツとヒーダボーリングをつくる。

c0248030_06435236.jpg
といっても、まだお花が1セット作れるかどうかです。

最低限の道具を小さく缶にいれて、ハンドバックにいつも常備。

スキマ時間を活用だ~。

ヒーダボースティックは、バックから取り出す時にお店の床に落として先端が折れてしまいました。
瞬間接着剤で留めてみたけれど、また折れたので、諦めてはさみのサックを付けてみました。
一番先は、円柱が細すぎてどうせ使わないし…。

お花にする前に、このリング2つくっついたものを、せっせと作ろうと思っています。
頭を使わないので、楽なのですよね、無心になれます。

…昨夜は今季4度目の野球観戦でした。

交流戦中で相手が広島なので、どうしても観たいと思いました。

広島は勢いがあるし、自前の球団で資金を持っていなくても強い所が魅力です。

応援も熱いから見てて楽しいと言うか、「あんなに激しく動いてよく皆さん疲れないな~。」と感心します。

前日の試合が、秋田の吉田輝星君だったせいか、盛り上がり・緊張感がテレビで見ていてもすごくって、
その反動か、昨夜の試合は途中で寝てしまったほど、しまりのない感じでした。

最後延長に入ってから、サヨナラ負けされないよう踏ん張ったところだけが、見所でした。
結局12回まで観て、予想どおり引き分けでした。

なので、今日は少し朝寝坊しました。

主人も出張でいないので、息子と気楽に冷凍ピザでこれから朝食です~。

# by lapinmillemille | 2019-06-14 06:53 | 刺繍 | Comments(0)

ヒーダボーリングでモチーフを。

さて、そろそろまた刺繍のお話に戻りたいと思います。

と言っても、進み具合が前と比べたら遅すぎるので、更新は時々になると思います。

作品展用の作品が終わった直後から、次に作ってみたい作品はあって、取り掛かってはいました。
(結局、完全には休んでいなかった私です…。)

ヒーダボーリングをつなげたモチーフを下にぶら下げた付け襟を、本来は作品展用に作ってみたいと思っていました。

ですので、出来るかどうかわかりませんが、次はこれに挑戦!です~。
でも、期限はないから、今度こそのんびりと!

c0248030_06172201.jpg
↑こんな感じでリングを作って、中にリックラックをしたら2つつなげます。
それを4セット作ったら、今度はお花のように中央でつなぐのです。

しかし、形が歪んでしまいました…。

それで、正確に幅をとった下絵を作ってみました↓
c0248030_06173624.jpg
次はこの下絵に合わせながら、繋いでいけばいいのではないかなと、思って…。

しかし、このリング1つ作るのに30分かかるので、1セットでは1時間です。
お花までするには、4時間以上はかかります。

これを10個作るだけで、40時間かあ…なんて考えてしまったり。

最近は午前も午後も用事がはいってしまうので、お昼のカフェやパン屋のイートインの時間を使って、
1日に、リング2つくらいを刺すにとどまっています。

焦らず、でも確実に進めて行きたいと思っています。

# by lapinmillemille | 2019-06-12 06:03 | 刺繍 | Comments(0)

家族で過ごす週末

この週末は、久しぶりに旅行以外で家族で過ごす事が出来ました。

土曜日は、主人と一緒に朝からスタバ。

「お父さんはパソコンで仕事して、お母さんは刺繍するから一緒に来ない?
抹茶ラテ飲ませてあげるよ。」

と、息子を食べ物でつってみたけれど、断られました。
もう、1人で家でだらだらテレビ見ていた方がいいみたい。

その間、1時間強は、塾の自習室に行っているようですが…。

近くにある公園の池を見に行きました。

この時期は、オシドリやマガモのヒナが見られるからです。
c0248030_13023079.jpg
警戒心が強いオシドリは、通常はこんなに近くでは見れません。
新宿御苑では、はるか彼方に見れました。

全国でもここだけだそうです。こんなに間近で見れるのは。
c0248030_13021690.jpg
寝ているヒナがいてかわいいなと思ったら、
「これは弱っているのかもしれない、母親にもついていかないし。」
と、日本野鳥の会の方が教えて下さりました↓
c0248030_13024634.jpg
ちょうど、この日は探鳥会が行われている日でした。
懐かしいメンバーたちが…。

次の日曜日は、
「お父さんがキャッチボールをしてくれるって。」と誘ったら、息子はついてきました。

その前に、自然の中を散歩したいという夫の意向をくんで、そうしました。

息子はブツブツ言っていましたけれど、結構楽しんでいたかも?
c0248030_13030946.jpg
トリカブトの花だそうです↓
意外ときれいですね。
c0248030_13025853.jpg
その後、お待ちかねのキャッチボール↓
c0248030_13031926.jpg
キャッチするのが上手になった息子が頼もしくて、またかわいくてずっと側で立って見てしまいました。

私は今、右腕が90度以上は上がらないので、そのリハビリをしながら…。
痛いわ~。

最近は、登山以外の、スーパー・病院・公園でも、きちんとした格好をするようにしています。

小ぎれいにするようにしたら、自信を持ってどこでも歩けるし、姿勢も良くなったし、いいかも。
c0248030_13033123.jpg
↑後ろボタンのレトロなワンピースに、ボレロ風カーディガン。
どちらもフランス製のもの。

ホント、古臭い感じなのですが、実際出産前に購入したものなので仕方ないですね。

でも、これでも前よりお腹はへっこんだし、猫背も治りつつあるので、まあ載せてしまいました。

# by lapinmillemille | 2019-06-10 06:35 | 子ども | Comments(0)

作品展が無事に終わりました。

一昨日、無事作品展は終了しました。
足を運んでくださった方、どうもありがとうございました。

片付けの前に、先生を真ん中に皆さんで写真を撮ったりしました。
アトリエだけでなく、他の場所で習っている生徒さんとも交流できて、良かったです。

私が、名乗ったら、
「あの素敵な作品の方ね。」と言って下さったりしました。

白糸刺繍を専門にやっている方は、なかなかいらっしゃらないからでしょうか。

しかし、私なんてたった2ヶ月弱で仕上げて、作品を出してしまったけれど、
聞くと皆さんは、前回の作品展後から準備をしていらっしゃるので、1年半くらいはかけています。

なんだか自分が恥ずかしくなりました。

そう言えば、前のお教室の卒業作品も、構想期間も含めたら1年はかけていましたっけ。

次回はもう北海道を離れるのでないのですが、またこういった機会があったらしっかり準備してのぞみたいです。
c0248030_06241880.jpg
ポストカードに載っていた、先生の作品です↑
キラキラした糸で、様々な刺繍がほどこされています。

ささっと刺したようで、絵になるところが、さすが先生。

# by lapinmillemille | 2019-06-08 06:24 | 刺繍イベント | Comments(0)

作品展 パッチワーク編

お教室の生徒さんは、パッチワークを学ばれている方のほうが多いです。

刺しゅうの資格取得講座も、先生は担当していらっしゃいますが、
生徒さんはやはり課題に集中していますので、ますます刺繍作品の出品は少ないですね。

パッチワークって、大きさがあるから、製作は少なくとも半年がかりでしょうし、
ピースを正確に継ぎ合わせるのが、とても難しそうです。

キレイな方は、本当にキレイ。
c0248030_11252117.jpg
↑こちらは、先生の作品です。
アップリケがかわいい。
c0248030_11270499.jpg
c0248030_11263486.jpg
↑右下のベアの絵?は、クロスステッチで仕上げられています。
ものすごい時間がかかったみたい。素晴らしいですね。
c0248030_11264645.jpg
さて、6日間でどれくらいの来客があったのでしょうか、
また後日先生にうかがえたらと思っています。

これをきっかけに、パッチワークや刺繍に興味を持って下さる方が増えるといいなと、思います。

# by lapinmillemille | 2019-06-06 12:39 | 刺繍イベント | Comments(0)

作品展 刺繍編


c0248030_11253518.jpg

c0248030_11254721.jpg

先生の作品です。お名前は出してもかまわないそうですので。

先生は猫が好きなんだなと思いました。

可愛らしい世界観があります。

c0248030_11250852.jpg

別の方の作品。
カワイイカップケーキ大集合です↑
刺していて楽しそうですね。

こちらは、大塚先生のスタンプワークに憧れて、通信を経た後、こちらのお教室で進められている方の作品です↓
c0248030_11262133.jpg

c0248030_11260026.jpg

c0248030_11265631.jpg

c0248030_11261078.jpg

とっても丁寧でキレイなスタンプワークです。
私はとてもここまでは出来ません…。

パステルカラーのベビー用品で統一されています。

一緒に受付当番をさせて頂きましたが、作品と同様とても可愛らしい方でした。
刺しゅうについて色々なお話ができて、嬉しかったです。

明日は、最終日なので作品の回収に、また紀伊國屋へ…。

作品はパッチワークの方が多いので、またご紹介したいと思います。

# by lapinmillemille | 2019-06-05 15:47 | 刺繍イベント | Comments(0)

作品展に顔を出してきました。

札幌まで用事ができたので、早速作品展に足を運んできました。

明日も受付お当番で行くので、その時に写真を撮ったりしても良かったのですけれど…。

先生に伺ったところ、初日の土曜日もそれなりに人がいらっしゃったそうです。

生徒さん関係でなくて、通りがかりの方も半分以上はいらっしゃったとか…。
それは、とても嬉しい事です。

自分の作品は、こんな風に飾られていました↓

下部のドイリーは、ハーダンガー刺繍ですね。
区限刺繍指導員の方の作品です。

ハーダンガーワークは、糸を数えるカウントステッチなので、区限刺繍のカテゴリーですが、
白糸なので私も数回経験した刺繍です。
c0248030_11242170.jpg
c0248030_11243399.jpg
お祝いのお花がきれいでした↓
c0248030_11244247.jpg
他の生徒さんの作品は、随時少しずつご紹介させていただきますね。

# by lapinmillemille | 2019-06-03 11:37 | 刺繍 | Comments(0)

6月に入りました。

昨日、無事に運動会が終わりました。

自分の種目ではなく、赤白の勝ち負けにやたらとこだわる息子は、
前日「どうせ赤組は弱いから負けるに決まっている!」と泣きべそをかいていました。

(負けたらまた拗ねるんだろうなぁ。機嫌悪くなるし困ったなぁ。)と私は思っていましたが、
息子の組が勝ちましたので、心底ほっとしました。

6年間で初めての勝ちを味わえて、息子も嬉しそうでした。

(妙なこだわりはまだあったんだなあ)とも思いました。
ま、自分も人の事は言えませんが…。

先月「6月になったら、刺繍のペースをゆっくりにしてblogの更新を時々にします」と、ちらっと書きました。

この2ヶ月弱、刺繍に集中させてもらったので、家事をしっかりやろうと思ったのもありますが、
息子のことも引き続き気にして行こうと、また思いました。

あと学校の用事も入ってきそうですし、肩がなかなか動かずリハビリ通院が週2日に増えたので、色々と忙しくなりそうなのです。

それでも、毎日書く事にやりがいを見出していて、純粋に楽しかった前とは自分の気持ちが違ってきました。

少し休みたくなりました。

blogの訪問も、遅れたりすることがあるかと思いますが、よろしくお願いします。

c0248030_16143681.jpg
↑いただきものの、ゴディバのほうじ茶クッキー。
右は、カフェで買ってみた、山椒のメレンゲ。

どちらも不思議な味だけれど、まさにそれの味でした。

# by lapinmillemille | 2019-06-02 06:30 | その他 | Comments(0)

作品を納品してきました。

今日は、紀伊國屋書店2階にある、ギャラリースペースに納品に行ってきました。

既に先生やお手伝いの生徒さんが、会場設営をして下さっていました。

私は勝手がよくわからなかったので、作品を託しただけで戻ってきました。

明日は運動会の予定なので、食材を揃えないとですし…。
お手伝いをして下さる方に、申し訳ないと思いながら…。

このような形で、以下の2点を置いてきました↓
c0248030_17270562.jpg
c0248030_19071806.jpg
↑以前に作った、カット・ヒーダボー刺繍のドイリー。
額縁専門店で、濃紺のベルベット調のマットを下に敷いてもらって、フレームに入れてみました。

(反射して、自分とごっちゃごっちゃの室内が写っていますね、あちゃー。)

明日から開催ですので、少しでも多くの方に、刺繍とパッチワークの作品を見てもらえたらいいなと思っています。

私は受付当番で、4日火曜日に会場におります。

# by lapinmillemille | 2019-05-31 16:34 | お知らせ | Comments(0)

キルト&刺しゅう教室展のご案内

c0248030_06181262.jpg
ようやく、お知らせする事が出来ます。

日本手芸普及協会のパッチワークキルト指導員・刺繍師範である、斉藤純子先生のお教室の生徒さん達の作品展です。

先生の作品も並ぶようです。
ハガキ掲載のユニコーンは、先生の作品です。

先生は現在、ヴォーグ学園の刺繍講座3つと、ご自分のアトリエ(私はこちらに通っています。)、
そしてもう二ケ所で教えていらっしゃいます。

パッチワークは指導員の資格が最高ランクのようで、師範の資格は刺繍だけですが、
元々はパッチワークを習っていらっしゃって、パッチワークがメインの方なんだと思います。

パッチワークを極めて行くうちに、「ここに刺繍をしたらカワイイな」と思うようになって、
刺しゅう師範の資格まで取られたのは、4~5?年前くらいと伺いました。

もともと、洋裁など色々な才能がおありの方なので、取得出来たのかなとも思いますが、
ホテルを取って札幌から毎回東京へ通って…と、やる気もバイタリティもある方なのだと思います。

それでいて、容姿はリボンやフリルが嫌味なく似合ってしまう、とても可愛らしい方です。

先生は、(そんな若い自分には出来ない)と感じつつも、当時の先生の薦めで、
23歳から始めたパッチワークを27歳の時から教えていらっしゃるそうです。

もう30年とまではいかないけれど、それに近くなるようです。

周りはひとまわりもふたまわりも年上の生徒さん方で、色々と苦労&勉強になったと、いつもお話してくれます。

先生のお話を聞くのが楽しみで、私は通っているようなものです。

以前のお教室の先生もそうなのですが、今回も本当にいい先生に巡り合えて感謝したいです。

と、作品についての説明が遅れてしまいましたが、
私はいつも自分の作品制作に夢中で、他の生徒さんが何を提出するのがよく分かっていません。

以前の上野のお教室では、土曜日受講だったのもあって、帰りに会社員の生徒さんとお茶をしたり会話を十分に楽しんでいたのですが、
今回は、資格取得のためにもくもくと刺していたので、あまり交流していないのもあって。

当日会場で、直接目にできる事を楽しみにしています。

ただ、生徒さんはパッチワークをされている方が圧倒的に多いので、刺繍作品は少なそうです。

先生曰く、「刺繍は、自分でデザインできるまでいっている人が少ない」だそうです。

パッチワークの方が、色を変えたり継ぎ合わせ?の仕方を変えたりと、デザインしやすいようで。

私も、市販本掲載作品はだいぶ出来るようにはなってきましたが、
自分でデザインする…というのが、まだまだ出来ていないと感じているので、
まあ焦らず、数をこなしながらこの辺りにも挑んでいきたいと思っています。

札幌付近にお住まいの方は、よろしかったら足をお運びください。

会場 紀伊國屋書店札幌本店 2階ギャラリー

2019年6月1日(土)~6月6日(木)
10時~19時まで(最終日18時まで)

# by lapinmillemille | 2019-05-30 06:41 | お知らせ | Comments(0)

ヒーダボー刺繍、少しだけステッチを追加する。

前々回の記事でほぼ完成した付け襟を載せましたが、納品まで少々時間が余ったので、手を加えました。

c0248030_17264180.jpg
と言っても、根元のつながったスカラップの中に、リックラックを付け足してみただけです。

リックラックは、スカラップ内側のスペースに応じて、2段と3段のものを作ってあります。
どうしても、目分量だし手で作るものだから、大きさに相違が出てしまうのですよね。

c0248030_17281407.jpg
あと、あまった四角にリックラックを4つ入れても、ちょっとした模様になったりします↑

結局、最終的な出来上がり内部の画像はこちらです↓
c0248030_17265428.jpg
マス目の数の関係で、正確にではないのですが、一応左右対称に仕上げてあります。

あちらこちらから、参考にした図案デザインをひっぱってきて配置してあるので、
まとまりがなくなった気もしますが、自分的にはそれなりに満足しています。

また、作り方も本を参考にしているわけではなく、自由なやり方で刺したので気が楽でした。

スカラップもリックラックも細かい所で言えば、糸の戻り方など何通りかやり方があるのです。

でも要は、見栄えが良ければ、どのやり方を選択しても構わないと思うのです。

作り方全部を本を参考にしたら、(間違ってはいけない)と気になるけれど、今回はそうじゃなかったから。

さて、次回は作品展のお知らせを載せようと思っています。

# by lapinmillemille | 2019-05-29 06:30 | 刺繍 | Comments(0)

円山動物園にやってきたぞうさん。

c0248030_17273489.jpg
昨日・一昨日は、札幌でも36度まで気温が上がりました。
オホーツク海沿いの町でも39度と、異常なまでの暑さに包まれた北海道です。

もはや、避暑地ではないですね、北の大地も…。

そんななか、果敢にも?登山をした後動物園に行ってきました。
汗だくでした~。

息子が二晩置き忘れた自転車を、公園に取りに行ったついでと言えばそうなのですが…。
(散々注意した後、見つかったのでホッとしました。)

ずっと「スキー」はいいにしても、ずっと「刺繍」は、やっぱり体と精神的にも不健康な気がする。
家に閉じこもって、同じ姿勢なので…。

なので、出来るだけアウトドア活動と、インドア活動をバランスよくできたらいいなと思っています。
今はですが…。

さて、3月に10年ぶりにやってきた、ゾウさんを見てきました。

水中深く潜って水浴びをするゾウさんも興味深かったけれど、新しく建てられた飼育施設が立派で驚きました。

上からも水中からもゾウを見学する事が出来ます↓
c0248030_17274461.jpg
流石、雪国にある動物園、冬は当然雪に閉ざされるので屋内施設が充実しています。

ゾウの施設も屋内がとっても広くて、施設内にエレベーターや、
休憩所や、観覧席まであって、他の動物園のゾウの施設とは一線を画していました。

ミャンマーから25時間かけて、4頭のゾウが輸送された様子が、ビデオで流れていてじーんときました。

「札幌にゾウを再び」というお客さんの気持ちと、ミャンマーから送り出してくれた現地の方々と、
輸送に携わる方々、そして動物園のスタッフの方々の、あつい気持が伝わってくるようでした。

あまりの暑さに、ゾウさんだけ見てさっさと動物園を後にした私でした…。

# by lapinmillemille | 2019-05-28 06:30 | 昆虫・動物 | Comments(0)

ヒーダボー刺繍のバルデュリング、だいぶ形になってきました。

c0248030_19072996.jpg
↑こうやって折り重ねてみると、付け襟らしくなってきたし、
簡単な技術しか使っていませんが、本掲載のアンティーク作品と同じような雰囲気になってきました。

こちらでほぼ完成なのですが、空いた四角をあと少しだけ埋める予定でいます。

あまり埋めすぎてもくどくなるので、本当にあと少しだけ…。

こちらのバルデュリングをやっている方は、ブログでもあまり見た事がないですし、ましてや制作途中を載せていらっしゃる方は、見受けられませんし、
(しかも大多数の方は、カットワークタイプのヒーダボー刺繍をされているので。)
やり方も本には載っていないし、なので、自分の持てる技術だけでここまできたわけですが、
自分でも(よくやったな、何とか形になったな)と思っております。

こちらは、読者の方の質問がきっかけで取り組んだ作品で、「質問に答えられなかったから、試しに自分でやってみよう。」
と思って始めたのですが、当初はサンプルどまりの予定でした。

何故なら、6月頭に生徒さん達の作品展があって、今年はそちらに私も参加するため、オリジナル作品を他に製作する予定だったからです。

しかもスキーが終わった後の、4月・5月で図案から考えてやるつもりでした。

(去年・一昨年は、資格取得の課題で精いっぱいだったので、作品展には参加しなかったのですが、毎年この時期にあるのです。)

しかし、とてもすぐに終わる内容ではなかったので、

(そうだ、こちらの作品をそのまま作品展用の作品として仕上げよう。)と、思い立ったのでした。

それで、今月末で終わらせるため、毎日時間を見つけては集中するようにしていました。

それなりに他の用事も済ませてはいましたが、空いた時間は夜以外は全て刺繍…みたいな。

なんとか、間に合いそうでよかったです。

後は、アイロンをかけたり、ネックトルソーに飾ってみたりして、
31日に札幌駅前の紀伊國屋書店のギャラリースペースに納品に行くだけです。

作品展のお知らせは、また後日いたします。

運動不足が続いているので、今日も北海道は猛暑ですが、これから山登りに行ってきます。

# by lapinmillemille | 2019-05-27 08:52 | 刺繍 | Comments(0)

ヒーダボー刺繍のバルデュリング、だいぶ進みました。

c0248030_19062297.jpg
周りの縁かがりは、更にスカラップを上にのせてこんな風に↑

内部も、もう少し飾りをいれたいなと、小さなリングを別途つくって、四角の中に繋げてみました↓
c0248030_19064672.jpg
c0248030_19070287.jpg
だいぶ、ゴールが見えてきました。

あとひと踏ん張りです。

完成形が見えてくると、刺していて張り合いが出るし、ますます楽しくなってきます。

# by lapinmillemille | 2019-05-25 06:43 | 刺繍 | Comments(0)

楽天に快勝しました~。

c0248030_06234914.jpg
久しぶりに勝利の白い風船を↑

すみません、今日は刺繍ネタで行こうと思っていたのですが、
昨夜のナイターがなかなか興奮する内容だったので、記事にしちゃいます。

投手は防御率が低いにもかかわらず、ファイターズは打撃がとにかくダメダメで、前日、特に前々日は情けない試合でした。

楽天との試合は最終日のこの日、今年は西武から移籍した浅村選手がいるせいか、強くなった楽天相手に、私は全く期待しておりませんでした。

タダ券があったから、行ってきたようなもので…。
(一番安い平日用の自由席で1000円のものですが、ありがたいですね。)

序盤は、杉浦投手も怪しい投球だったし、打撃も1点取るのが精いっぱいで、すぐに追いつかれそうに。

前半は時々ソロホームランを打つ中田選手が、また打ってくれましたが、
お笑い芸人が本業?と言われている、元気印の杉谷選手が、
ツーランホームランを打ってくれたのにはびっくりしました。

次の打席も、「ホームランホームラン、杉谷!」と応援歌がかかるので、

(観客は無理を言うなあ~、滅多に打たない杉谷選手がさっきホームランだからって…。)

と思っていたら、なんと2打席連続ホームランだったのです。

会場は大盛り上がりでした!
とてもお客さんに愛されている選手ですが、キャラクターがそうさせるのでしょう…。

この一試合で左右両打席連続ホームランと言うのは、2007年のセギノール以来の快挙だそうで、
ヒーローインタビューでは、「今日からスギノールで行きたいと思います。」なんて、面白い事を言ってくれました。

他の選手も、レギュラーをほぼ掴みかけている、渡辺選手が初回にスリーベースヒットをはなったり、
台湾から引き抜いた王選手や、大田選手、安定の近藤選手も、ツーベースヒットを打ってくれて、なんと、ファイターズは11得点しました。

対して楽天は2点どまりだったので、ここまで差が出来ると、8、9回は安心して見られます。

普段あまり使われない選手の、お試し起用が盛んにおこなわれました、代打で出たり。

でも、今回は皆期待に応えていた感じでしたね。

出る時は外野の杉谷選手も、最後は中田選手の代わりに、ファーストを担当していました↓
c0248030_06240316.jpg
これは、ものすごく珍しいようで、息子に「写真を撮って!2番が見えるように!」と頼まれました。

やっぱり野球って、その日その日で調子と言うか流れと言うか、全く展開がわからないなと思いました。

でも、この日は、盛り上がりどころがたくさんあって嬉しかったです。

ヒーローインタビューの後は、その選手がウイニングボールを座席にたくさん投げ込んでくれるのです。

できればそれを取りたいと、下の方の席に息子と行きました。

ちょうど私の方向に来たので、息子のためになんとかとってやりたくて、上がらない右手を上げてしまい激痛が走りました。
肩は脱臼はしていなかったけれど、しばらく痛みが治まりませんでした。

取れずに残念でした。

息子は、「今度はグローブを持って来る!また内野自由席に座りたい!」(外野よりはボールがきそうなので。)
と言っていました。

また来月行く予定です。

また子供と共有する楽しみが出来て、良かったです。

# by lapinmillemille | 2019-05-24 06:55 | お出かけ | Comments(0)

仏映画「あなたはまだ帰ってこない」

c0248030_05225559.jpg
内容に関しては、前回原作の記事で説明したので、省略したいと思います。

このようなお話に興味のある方は、そうとうマニアックで少数派だと思いますので…。
どちらかと言うと、キャストのお話をしたいと思います。

ただ、付け加えておくと、一途に夫を待っているかのように見えたこの主人公である妻(デュラス)ですが、

その前から自分を支えてくれたレジスタンス運動仲間の男性(つまり不倫相手?)に気持ちが完全に移ってしまい、
帰還した夫の体力がなんとか戻った際に、

「D(愛人)との子供が欲しいから離婚して欲しい」と伝えるのです。
戻ってから2年後くらいかな、

これには意外でびっくりさせられました。

読んでいる途中でも、まさかこの男性が愛人であるとは思っていなかったので…。

この常に彼女を支える男性は、冷静でダンディーで素敵なのですが、バンジャミン・ビオレという俳優さんです。

(知らないな~。)と思っていたら、

他の方の感想で、

「ミュージシャンが本業である、彼の俳優姿が観れて嬉しい。」と書かれてあり、

家の棚を探したら、ありました↓
彼のCDが。
c0248030_06033856.jpg
流石、私?
10~20代の頃は、情報を色々と集め、フランス語で聞きやすい好みの音楽を探していたのでした。

あれから、何年経っているのだろう…。何だか懐かしくなりした。
ありがとう、バンジャミンさん…。

それより、何よりも私がこの映画を観たかったのは、唯一カッコいいと思った俳優さんが出ていたからです。

「ピアニスト」に出演していた、ブノワ・マジメルなんですが、

(え?この人?別人じゃない?)って思う位、太って恰幅の良いおじさんになっておりました…。
でも、あごの割れ具合が、まぎれもなくマジメル…?

音楽院の男子生徒役の時は、細身でサラサラヘアで素敵だったのに…。
その時は27才くらいだったよう。

(もう50過ぎた?そんなに年だったかな?)と思って調べてみたら、1974年生まれと、私と同じじゃないの~!

どう見ても53才くらいに見えます。

でも、何となく引き込まれる眼差しは健在かな…。

主人公の女性役は、メラニー・ティエリー。

「ザ・ダンサー」で、主人公を支える女性マネージャー役として出演していたと思います。

色白で、雰囲気があって、今回の役にもとても合っていました。

(色気はあるけれどそこそこ年だろうな~)と思っていたら、37才なのですね。
私よりずっと若いけれど、役のせいかとても大人っぽいなと思いました。

主要登場人物はほぼこの3人だけなのですが、なかなか楽しめました。

# by lapinmillemille | 2019-05-23 06:30 | 映画 | Comments(0)