人気ブログランキング |
ブログトップ

ささやかな刺繍生活

abeille7.exblog.jp

des tabliers(エプロン)

お暇つぶしにもならないかもしれませんが、マイエプロンのコレクションをどうぞ。

全てリネン。

fogのが多いけれど、昔それと知らずに買ったのもあります。

ビジュアル的にはギャルソンタイプが、お手軽さでいったら短めのタブリエタイプといったところでしょうか。

でもやっぱり実用的で、1番使えるのは胸当てがついたものですね。
(だって油とかはねますし。)

私としては、かわいいエプロンはつけたままお買い物にも出かけたいと思っているのですが、浮いてしまいそうでいまいち勇気がありません…。

誰かわかってくれる人がいるといいんだけれどなぁ。
c0248030_11063650.jpg
↑真ん中の茶チェックは、キッチンクロスに綾テープをつけたもの。
飽きたらまたクロスに戻すつもり。

# by lapinmillemille | 2005-03-28 11:18 | 雑貨・服など | Comments(0)

le mont FUJI(富士山)

こちらへ越してきて何がよかったって、それは富士山が間近に見れること!

夏は見えないことがほとんどですが、冬の間は澄んだ空気のせいか、とてもきれい。

通勤途中に車から見る富士山もまたいいのです~。

しあわせ~。

でも地元の友人は「生まれた時から見ているから特に何も感じない」なんだそう。

私の住んでいるところよりも、富士山の美しさを求めるなら、御殿場、迫力を期待するなら、麓の富士宮というのを聞きました。

山梨県側から見る富士山もいいですね。
c0248030_11064177.jpg
↑うちのベランダから見た富士山。
写真だと小さいけれど、肉眼だとかなり近くに見えます。

# by lapinmillemille | 2005-03-25 11:21 | その他 | Comments(0)

un menage(お掃除)

みなさんお掃除ってどんな風にされているんでしょう。

私は週に2回(少ないかな?)くらい掃除機をかけ、あとはクイックルワイパーとかガムテープでしています。

掃除機にいたっては、以前使っていたものが安物でホースが壊れたのもあって、前にコードレスに買い替えました。

(とても忙しい時期があって、掃除機を収納庫から出してコンセントをいれ別の部屋でまたさしかえて…という作業さえおっくうになってしまったのです。主婦失格?)

でもね、掃除機はやっぱり吸引力重視かも。

コードレスはどうしてもそれが弱いので、迷っている方がいたらもう一度考えてほしいな。
c0248030_11065923.jpg
↑ミニほうき。あるだけでほっと和みますね。
隙間の埃を取るのにも便利。これに合うちりとり、ないかなぁ。

# by lapinmillemille | 2005-03-23 14:48 | その他 | Comments(0)

les vetements(服)

洋服はほとんど買っていません。(ついつい生地や小物に投資してしまうので…)

最近唯一購入したのが、ホームスパンとミュゼ・イマジネールのお洋服。

作っている作品とも大幅にかけはなれないよう、ほのぼのした服が多いかな。

そんな中でずっと変わらないで好きな服があります。

アニエス・ベーの服。

昔ちょっとだけショップスタッフをしていたこともあって、今でもずっと手放さないで着ているほど。

最近は生地などにも名前がついていたりするものですが、アニエスではアイテムのパターンごとに名がつけられています。

「リッキー」「ダヴィット」「ルーシー」「リサ」「ジュリア」など。
c0248030_14533758.jpg
↑このコットンタイプのシリーズが一番活躍しています。
中でもVネックのカーディガンがシンプルで1番すき。

# by lapinmillemille | 2005-03-20 14:51 | 雑貨・服など | Comments(0)

la couleur(色)

フランス語で色は、クルールと言います。この言葉って結構好き。

好きな色っておのずと決まってきますよね。

服も似合わないとわかっていてもやっぱり好きな色を選んでしまったり…。

私は基本的に茶色が一番すき。

なんにでもあうから。

さし色としては、グリーンとブルー。

赤もベージュのリネンととびきり合うから、その場合だけは大好き。

数えたら80色くらいはある刺繍糸も好きな色は決まってるみたいで、ひかえていかないと同じのを買ってしまうことが多々あるのです。
c0248030_14534251.jpg
↑かごに内布をはって無造作に糸をたくさんほうりこんであります。
赤・ネイビーの減りがとにかくはげしい。

# by lapinmillemille | 2005-03-18 14:58 | 雑貨・服など | Comments(0)

des meubles(家具)

家具は、家を出てくるときに一式揃えたっきりです。

今思えば、もっとこだわりを持ってじっくり探せばよかったなと…。

長く使うことも考えなかったので、とりあえず妥協して選んだ感じ。

(だからあれこれ布などをつかって工夫して気に入るようにする知恵がついたのかしら?)

大切に使ってはいますが、心から愛着があるわけではないのかも。

そんな、使うごとに親しみが増す家具をこれからすこしずーつ探せたらなと思います。

これは数年ぶりに購入した家具。

デンマークの中古ですが、小ぶりなところもいいですし、フォルムもなんとなくスマート。

色も味わい深いので、ひとめぼれしてしまいました。
c0248030_14540782.jpg
↑予約済だったのですが、前の方に譲っていただけることになりはるばる京都からやってきたチェスト。
運命の出会いかも!?

# by lapinmillemille | 2005-03-15 15:00 | 雑貨・服など | Comments(0)

la exposition de la broderie(刺しゅう展)

JACA主催の「欧風刺しゅう展~MY EXOTIC~」。

私が通っているお教室の先生方の展覧会です。

指導は大塚あや子先生。

(多数の本を出版したり、『おしゃれ工房』などにも出演され、憧れの先生です。卒業式で大塚先生から証書をいただいた時はちょっぴり感動。)

2年に1度、銀座のデパートで開催されるのですが、長い年月をかけて完成した作品たちに圧倒されたのを覚えています。

もう本当にすばらしいの一言。

お近くにお立ち寄りの際は、是非ちょっとのぞいてみてくださいね。
c0248030_14560925.jpg
3/30~4/5銀座松坂屋7階催事場にて。(入場無料)展示即売会です。
講習会もあります。刺しゅうを身近なものに。

# by lapinmillemille | 2005-03-13 15:02 | 刺繍イベント | Comments(0)

la class de la broderie (刺繍教室)

1~2ヶ月に1度、静岡県から上野近くにある刺繍教室に通っています。

本当はもっと行きたいのですが、体力的にも経済的にもこれがやっと。

刺繍を習おうと思ったのは、もともと細かい作業が好きですし、ちゃんと習っている方は意外に少ないかなと思ったから。

最近になって、母も昔かなり本格的に習っていたことが判明。

作品を見せてもらいました。

親子って似るのね~。

先生がとてもいいのももちろんですが、手仕事が好きなお友達に会えるのも、引越しても辞めずに続けていかれる理由です。

みんながあまりに上手なので、自己嫌悪に陥ってしまったりもするのですが、毎回いい刺激をもらっているのです。
c0248030_14561312.jpg
↑今取りかかり中のドロンワーク。遅々として進みません…。
頭も使うからまとまった時間がないとできない~

# by lapinmillemille | 2005-03-12 15:03 | 刺繍 | Comments(0)

a KOBE(神戸へ)

広島に住む、お友達に会うため神戸に行ってきました。(詳しくはこちら

お友達と旅行なんて独身以来かも。

お互い大の雑貨好きということもあって、観光は一切せずひたすらお店めぐり。

雰囲気のあるお店や、私が1番の目的としていたアンティークの手芸用品を置いているお店が東京などより多い気がしました。

c0248030_16220896.jpg
もうここに住みたい~。神戸に住んでる方がうらやましいです。

宿泊したホテルがまた素敵。

「世界一の朝食」といわれる朝食をいただける北野ホテル。

異人館の坂の下あたりです。

家具もアンティーク調。一生の思い出になりそう。(大げさ?)
c0248030_14550685.jpg
↑キャトル・セゾン神戸店。
カフェが併設されているのはここだけということでぜひ行ってみたかったお店のひとつ。

# by lapinmillemille | 2005-03-10 15:06 | お出かけ | Comments(0)

le livre vol.2 (本)

また本のご紹介です。内田彩乃さんの「おうちがいちばん」。

この方は、私がずっと昔からひそかに追い続けていたひと。

確か7年くらい前に「ベラnon・no」に載っていて、お部屋にかけるエネルギーの強さが印象的でした。

その頃の記事は切り取って今でも保存してあります。

その後3~4年して自分もミセスになった頃、雑誌「ミセスリビング」に登場しているのを目にしてびっくりしたものです。

ただ載っているのではなく、将来第2の青柳啓子さん(その器用さゆえに、普通の主婦からライフクリエーターにまで登りつめた方。)になるべく、いつの日か本でも出版するのではないかなと思っていたらその通りに!

ずっと応援していきたいですね。
c0248030_14563276.jpg
↑インテリア・手作りなど。この方は茶色がお好きみたい。
今の私にはsweet過ぎるのですが統一感があってかわいらしい。

# by lapinmillemille | 2005-03-09 15:08 | | Comments(0)

des antiquites(アンティーク)

アンティークというと、食器や家具のイメージが強くて、(実際そういった高価な骨董品をantiquite、時代・値段がそれ程ではないものを、brocanteブロカントというそう。)"自分には縁のないもの"と思っていました。

しかし、ここ数年世間でもかわいらしい食器や、リネン、テープ等がもてはやされ、より私たちになじみのあるものになってきたように思います。

私もようやくアンティークなる物を手にいれました。

といってもレースや、ボタンなどの小さな手芸小物ですが。

なるほど、時代を経てできたシミや、汚れさえ愛しくみえるものなのですが、存在そのものに重みを感じるのが不思議なところです。

惜しむように大切に使いたいと思っています。
c0248030_14562650.jpg
↑大切に引き出しにしまってあるレースやテープたち。
はさみはレプリカですがそれらしいものを選びました。

# by lapinmillemille | 2005-03-08 15:10 | 雑貨・服など | Comments(0)

ma machine a coudre(ミシン)

マイミシンです。ごくごくシンプルな、ブラザーのもの。

お値段29800円ナリ。(だったかな?)

でも1度も故障することもなく、とてもはたらきものです。

結婚時、電化製品を揃える際絶対ほしかったのが、ミシン。

ミシンといえば、その昔実家には大きな足踏みミシンがありました。
(祖母の母親が洋裁教室を開いていたのです。)

いつのまにかなくなっていて、鉄でできているのかと思わせるような、重たい電子ミシンに代わっていました。

母が「これは月賦(といってるあたりが時代を感じさせますね。)で買ったミシンで数十万円(十数万円?)もするのよ~」と言っていましたっけ。

その割にはあまり活用していなかったような…。

今は私と同じく軽くて直線縫いメインの物を使っているようです…。
c0248030_15125340.jpg
↑右下に見えるのは卵のリサイクルパック。
ピンクッションやボビンを収納しています。

# by lapinmillemille | 2005-03-07 15:12 | 雑貨・服など | Comments(0)

le bol(カフェオレボウル)

カフェオレボウルについてかかれた本をご紹介します。

山本ゆりこさん著。

実はこの方はお友達の知り合いで、(大学時代出席番号が前後だったそう。)確か他にもチーズケーキの本も出されていて、とても気になってはいたのです。

今回新刊で、限定30冊のサイン本(ミーハーですね…)が残っていたのもあり、迷わずGet。

コレクションのボウルの解説だけではなく、フランスの地方のちょっとした食文化にもふれています。

おいしいカフェオレの入れ方も…。

これから実践してみようと思っています。

シンプルで暖かみのあるボウルの模様は、刺繍の図案にも参考になりそうですね。
c0248030_15130542.jpg
↑六耀社発行『Le Bol カフェオレボウル』
これだけ揃ったボウルの本は他にはないのではないでしょうか。写真も素敵です。

# by lapinmillemille | 2005-03-06 15:16 | | Comments(0)

les serviettes en papier(紙ナプキン)

ひそかに、少しですがペーパーナプキンを集めています。

うーん、やっぱりうさぎ柄には目がないですね。

最近は、夫も自発的にうさぎのものがあると買って来てくれます。

(100円shopでピーターのティッシュboxを見つけた時は、2人で大喜び~)

お菓子の下にひいたり、スープ皿とお皿の間に挟んだりするだけで、お料理が美味しそうに見えるから不思議。

忙しい朝も、ナプキンのせたトースト&カフェオレがあるだけで、それなりに満足。

ちょっともったいないかな~とも思いますが、時々はこういった「あっ、かわいいかも」という気持ちがほしいのです。

(相手は「そんなのいらねぇよ!」と言っておりますが・・・)
c0248030_15130152.jpg
↑右下のは、CD紹介のページに載せたCDジャケットと同じものだったので、買ってしまいました。

# by lapinmillemille | 2005-03-05 15:18 | 雑貨・服など | Comments(0)

des fleurs(お花)

静岡県東部は、花と果物の生産が盛んだそうです。

温暖な気候だからでしょうか。

こちらへ引っ越してきてから、今まで未開拓だったガーデニングをやってみたいなとずっと思っていました。

手始めにとお花の鉢植えをいくつかベランダの棚に置いておいたのですが、あえなく断念…。

なんと風の強い日(こちらは風の強い地域なのです。)に帰ってきて窓を開けたら、地面に落ちた鉢植えを根こそぎミルちゃんが食べてしまっていたのです!

花はおろか、葉も、大切に育てたワイルドベリーの実も…。

昼間はベランダに放し飼いなので、もうあきらめたのですが、久しぶりに買った花の鉢植えを室内でパチリ。
c0248030_15131314.jpg
↑ピンクマーガレット。
お日様と水をたくさん好みます。
これで420円なんて、東京じゃ考えられないかも?

# by lapinmillemille | 2005-03-04 15:20 | 植物 | Comments(0)

HINAMATURI(ひなまつり)

今日はひなまつりですね。

(フランス語では見当たりませんね。それはそうですよね。日本の行事ですし…)

特に何をするわけではないのですが、ちょっと気分だけでも味わおうとお飾りを。

フレームの中に、漆とともにお内裏さまとお雛さまが。

幼い頃は2月も終わり頃になると、母と姉とでひな壇を設置するのが、いちだいイベントでした。

今は2人とも嫁いでしまいましたが、以前実家で「せっかくだから…」と飾ってあった、お雛様をみて久しぶりに嬉しくなったのを思い出しました。
c0248030_15131782.jpg
↑和紙の専門店さんからいただいた、パネル雛。箱も素敵。
小ぶりでちょうどいいですね。



# by lapinmillemille | 2005-03-03 15:21 | その他 | Comments(0)

du vin et du fromage(ワインとチーズ)

お酒はあまり得意ではなく、時々甘いカクテルやサワーを飲むくらい。

ワインなんて全く詳しくないし、飲まないほう。

でも先日いただいたワインがとってもおいしく、感動したのでちょっとのせてみました。

「シャトー・ラ・ロゼ・トゥール・ブランシュ2001」とかかれています。

2003年マコンワインコンクール金賞受賞とも。

味なんてまるでわからない私ですが、これは濃厚なのに、飲みやすくておいしかった。

今夜も1人で夕飯準備の前にいっぱい。

これを機に少し飲んでみようかな。

フェリシモの毎月1回ワインがおくられてくるコースに申し込もうか、迷い中。(1300円とお手ごろ価格なのも、魅力。)

夫婦で楽しめますしね。
c0248030_15133594.jpg
↑カマンベールチーズも添えて。
フランス人はデザートの前に多種類のチーズを食べるので、レストランでも家庭でも勧められる。
ホームスティした時も、毎回出してくれました。

# by lapinmillemille | 2005-02-28 15:23 | 食べ物 | Comments(0)

des livres (本)

どちらかというと雑誌派なので、本はあまり読まないのです。

唯一、手元においておきたいほど好きなのは、藤本ひとみさんの本。

(現在は西洋史実に忠実な小説家として、何冊もの本を書かれています。)

でも、今回おすすめしたいのは、イギリス人の生活ぶりや考え方が書かれた、英国にとても精通している井形慶子さんの本。

特に、住まいや暮らしぶりに強い関心をお持ちです。

英国人は質素でもとにかく自分達で工夫して家を居心地の良いものにし、人とのコミュニケーションを何より大切にします。

物を買うのもじっと我慢して考え抜くその姿に、物欲が強めの自分が恥ずかしくなってしまうのです。

時々読んでは色々と参考にしています。
c0248030_15133921.jpg
↑奥から、
①お金とモノから解放されるイギリスの知恵。
②少ないお金で夢がかなうイギリスの小さな家
③古くて豊かなイギリスの家便利で貧しい日本の家


# by lapinmillemille | 2005-02-20 15:26 | | Comments(0)

le chocolat (チョコレート)

もうひとつチョコレートネタで。

静岡市に遊びに行くと、よくキルフェボンのお菓子を買います。

写真のは、ヘーゼルナッツのチョコ。缶がかわいいのです。

以前は、よく会社帰りにタルトを入れる黄色い箱(しっかりできていて、集めたくなる可愛さ。)ほしさに、銀座のキルフェボンにも寄ったりしていました。

キルフェボンといえば青山店が昔は有名で、「あそこによくデルモ(死語?)が出没するんだって~」なんて言われていて、随分と待って入ったりした事も。

しかし実は静岡が本店なのです。これは結構意外で嬉しいかも。

ちなみに、キルフェボンは、フランス語で「なんていいお天気なのでしょう」というような意味。
c0248030_15135137.jpg
↑左のはパリのスーパーで購入したお砂糖。トランプのマークの形。

# by lapinmillemille | 2005-02-15 15:28 | 食べ物 | Comments(0)

des gateaux (お菓子)

今日はバレンタイン。

時間がある時は簡単なチョコをつくったり、お店で買ってきたりとさまざま。

つい、結婚してからはさぼりがちだったお菓子作りをせっかくなので、再開してみました。

といってもほとんど道具類は実家に置いてきてしまってないですし、時間がかかるのもいやなので、手軽にできる、チョコスフレを。(友人が家に来た時などにささっと作れます。)

これは、街で配られているタウン誌の片隅に小さく載っていたものを、切り取っておいたレシピなのですが、意外と使えます。

自分がひさしぶりに食べたかったのですが、夫には「まあおいしい」と言ってもらえました。ほっ。
c0248030_15135520.jpg
c0248030_15135986.jpg
↑ココットさえあればOK。
材料も身近なもので。1時間以内で作れます。


# by lapinmillemille | 2005-02-14 15:30 | 食べ物 | Comments(0)