人気ブログランキング |
ブログトップ

ささやかな刺繍生活

abeille7.exblog.jp

タグ:クリスマス ( 24 ) タグの人気記事

こちらはいつもホワイトクリスマス☆教会のキッズクリスマス

この日は、スキーの後、午後は教会のキッズクリスマス会に参加してきました。
c0248030_17325766.jpg
もう4年目の参加になります。

肝心の息子は、スカウトから午前中帰ってきたので一緒に連れて行こうとしたのですが、
「俺は行かねえよ。」で片づけられました。

今年はユースのお兄ちゃんたちが増えて遊んでくれるし、おやつも食べれるよと、誘ってもつられません。
去年はスカウトより、教会を選んでくれたのに…。

1年でこうも変わるのですね。
どうやら、「お年頃」のようです。
私1人で行ってきました。

讃美歌を歌った後、ゲーム大会をやったり、たくさん笑って楽しかったです。
クリスマスの起源のお話も、ユースの子がしてくれ、私は毎回勉強になります。

(息子も来ればよかったのに)と、心から思いました。

来年は最後になると思うので、なんとしても連れて行きたいと思っています。

ところで、今回は本当に若い方が増えて、新鮮味を感じて私もドキドキしてしまいました。
何せ、仕事をしていない今、普段若い異性と接する機会は本当にありませんからね。
(ゲームで手をつないだりする場面があって、思わず「こんなおばさんでごめんなさいね。」と謝ってしまった私です。)

そのなかで20歳の明るい青年が、司会をやってくれたのですけれど、話も上手だし面白かったです。
どうしたら、こんな風に皆の前でしっかり話せるようになるのかしら。

彼は、高校生の時に教会が嫌になって3年間離れた事、自由な校風の高校を4年かけて卒業したことなどを話してくれました。

変な話、普通の家庭でもあるかもしれませんが、クリスチャンホーム(両親ともにクリスチャンの子供)は、思春期になると荒れて、精神的に不安定になったり不登校になるパターンが多いような気がします。
牧師の奥様も、そうおっしゃっていました。

すぐ側にも4組の親子がそんな風になったけれど、20歳近くになると、驚く程立派に落ち着いてきます。
自分の意志で、真の信仰心が芽生えたせいもあるようです。

これは、そこそこ厳格な家庭で育つのと、ある種純粋過ぎてあたたかい人たちの特殊な環境の中に幼少期からいる事が、何か影響しているのかなと思います。

でも、この時期に親が、苦労しながらもしっかり向き合い受け入れると、子供も気が付いて自分で道を探すようになりますね。

隣に座っていた方は、私より1つ年上で22歳の警察官と、この司会をしていた青年のお母さんでした。

「とても素敵な息子さんですね。」と思わず言ってしまいました。

「本当にいろいろとあったんだけれど。」と色々と貴重なお話をして下さいました。

こちらの教会は、息子がキッズクリスマスのチラシをもらってきた事が縁で、お付き合いをさせていただいています。

体調が思わしくないまま、知り合いも誰もいない北海道へきて、一番辛い時に話しを聞いてくれて一緒に祈って下さった方々です。

本当に優しくあたたかく皆さんが1つの家族のようで、
このような居場所が職場や学校とは別にある、クリスチャンの方を羨ましく思います。
(もちろん、やるべき事や役割もあって大変そうに思うのですが、それすら「喜んで」神様のご意思と感じてやっているようです。
なかなか真似できませんが、見習う部分がいっぱいですね。)

しかし、まだ自分には天のお父様(主イエス様のこと)の存在が感じられないので、クリスチャンにはなれそうにありません。

自然に感じられたら、なってもいいかなとは思いますが、そうならないので、彼らの優しさに感謝しながらも、
自分は自分で自分の事を信じ癒し、家族と共に元気に幸せに暮らしていくよう考えていきたいと思っています。
c0248030_17330601.jpg
↑今年もチョコフォンデュをいただきました。
美味しかったです♡

by lapinmillemille | 2018-12-11 06:30 | お出かけ | Comments(2)

クリスマスは終わりましたが、クリスマスモチーフのクロスステッチを。

一応24日のケーキを作る前に、仕上がったクロスステッチの刺繍です。
c0248030_15224584.jpg
ずっと前に、「アマゾンで間違って注文をしてしまった。」と先生がいう、キッチンクロス3枚セットのうち、1枚を買い取った時から、(結構目が粗いから、クロスステッチ用にしよう。)と思っていました。

赤いステッチがかわいいから、それに合わせてクリスマスモチーフを刺そうと思っていました。

そしたら、若い時は、もっと目が詰まった細かい生地にも余裕で刺せたのに、今回は何だか刺せる気がしません。

いつも、抜きキャンバス(どんな生地にも刺せるよう、生地の上に置く用の網の目になったもの。布と一緒に上から×印を刺し、刺し終わったら抜きとれます。)は使わず、織り糸2本を1目とカウントして、ステッチをしておりました。

そこで、10目ずつ(つまり20本)の、案内線を付けようと思いました。

クロスステッチの図案のバックには必ず、縦横の線が入っており、
わかりやすいように、10目ずつ太い線になっています。

しかし、頭が疲れた状態でやったら、案内線自体がずれてしまいました。

縦は右から12目、11目、10目となっております。
c0248030_15240416.jpg
これでは、余計混乱しますし、案内線の役目を全く果たしません。

とにかくリースの葉の大きさが図案と大体同じになり、つながって丸くなればいいのです。

図案は全く無視してやりました。

はは、こんなこと初めてです。

途中、2本ずつすくうのを3本すくってしまった箇所があり、
布が歪むのもありますが、自分の性格的に気持ち悪いので、今までだったらほどいて直していました。

ですが、今回はその気力がなく、そのままでおし進めましたがなんとか誤魔化しました。

図案はこちらの本を参考にしています↓
c0248030_15233430.jpg
既存の洋書の一部を抜粋してある日本語の本で、お手頃な価格になっております。

洋書は紀伊國屋とかで1冊5千円位しますが、よくよく考えると、海外のハイセンスなディスプレイに惑わされて、
素敵なような気がするのですが、無難に使える図案も少ない事に気が付きました。

特に、宗教的な天使のモチーフや、子供の遊んでる姿などです。

日本人の方が考えた図案の方が、しっくりくるような気もするので、それ以来クロスステッチの洋書は買っておりません。

今回は先生のをお借りして、コピーさせて頂きました。

ちなみに、フランス語の刺繍本はアマゾンフランスで、3冊くらい買うと送料を含めても割安になります。

実はこの図案、本当は、前にリースを引っ張っているバンビがいました。
c0248030_15243410.jpg
リースの後ろにはリボンもついていました。

更に、中にはウサギだけでなくリスも乗っていました。

すべて省略です…。

ウサギは真ん中に持って来るよう配置するために、案内線を参考にしました。

キラキラ光る、グリーンの糸を使いたいがために、完成させたような作品です。

でも久しぶりに、本職?である刺繍ができて満足でした。

by lapinmillemille | 2017-12-26 15:21 | 刺繍 | Comments(0)

今年の子供クリスマス会は…。

先週の土曜日は、教会の子供クリスマス会に参加しました。
c0248030_06525369.jpg
今年で3回目です。

毎回、子供が喜びそうな催しを考えてくれて、イエス様誕生のお話も丁寧に説明してくれて、
毎年こちらが感謝の気持ちでいっぱいなのですが、

教会の方々は、「3年連続参加してくれる親子なんて、今までいませんでしたよ!」と
とても喜んでくださいます。

きっかけは、1年目の冬に子供が学校の前で配られた、子供クリスマスのチラシをもらってきたことでした。

私はその時体調が思わしくなく、それまで母と義母が交互に東京と埼玉から、家事をしに来てくれていたのですが、
2人とも高齢ですのでそれもできなくなり、役所からようやくヘルパーさんが支給された時期でした。

部屋は乱れており、クリスマスツリーも出すどころではなく、子供に申し訳なく思えて、
「このクリスマス会には連れて行ってあげたい」となんとか気合で体を動かして、参加したのを覚えています。

そして、教会の方々の深い優しさにふれたのもあって、私は少しずつ回復して行ったのだと思います。

クリスチャンにはなっていないのですが、感謝の気持ちを忘れずに今もお付き合いをさせて頂いております。

前半は、みんなでじゃんけんゲームや、伝言ゲームをやって(これが結構熱くなる!)
c0248030_06500711.jpg
後半、ある素敵なご夫婦がコントをやってくれました。

そして、クリスチャンホーム(両親ともにクリスチャン)である、お子さんが絵本の読み聞かせをしてくれて、
小さなサンタさんにまでなってくれました。
c0248030_06501499.jpg
とてもかわいかったです。

その後は、場所を移動し、軽食を頂きました。

子供達のイベントは前回はケーキのデコレーションでしたが、今年はチョコレートフォンデュでした。
c0248030_06502937.jpg
c0248030_06503598.jpg
このために、機械を買って下さったようです。

また、紙のリースにお菓子付け放題の、工作?もやらせれくれました。
c0248030_06501904.jpg
女の子はきれいに配置してあるけれど、男の子ってたくさん欲張りに付けてありますね…。
c0248030_06502396.jpg
この日は、たくさんの方とお話するのではなく、いつも司会をやってくれる男の子
(と言っても9歳違いの青年でしたが。)と深いお話を楽しんでいたら、

「お母さん、いつまでその話しているの。もう時間だよ。」と子供に言われて終わりました。

深いお話とは、「ナチス」についてなのですが…。

皆さんの愛を感じて、とても楽しく過ごさせて頂きました。

息子も気に入っているし、札幌に滞在している限りずっと参加させていただけたらと、思っています。

by lapinmillemille | 2017-12-23 06:51 | 子ども | Comments(0)

時計台他、さっぽろブラブラ記

今日は、お気楽に観光・雑貨記事でいきたいと思います。

先日、主人がお取り寄せしていた、フランスの靴を受け取りに大通周辺に行きました。
「パラブーツ」という靴です。

本国では作業靴といった感じで、革なのに雨にも雪にもとても強く、北海道で履くにはピッタリのよう。

しかし日本ではブランド化されて、おしゃれなイメージになっているためか、
(それでも私の目には、どちらかというと粗野なイメージでしたが…。)お値段がちょっと…。

主人はこの年になって初めて購入しましたが、後輩たちは何足か持っているようで羨ましがっていました。

でも、「みんなは独身、あなたは家庭持ち。」と言い聞かせておりましたので…。

靴を受け取って、主人は嬉しそうでした。

もちろん気は抜けませんが、普段仕事を頑張っているのだから、たまにはいいのでしょうね。

そして、観光客向けにしては結構おいしくて良心的な価格のお寿司屋さん「花まる」に入りました。

窓越しには、時計台が見えました。
c0248030_15411164.jpg
雪の積もった時計台は、北海道に来て3年目を迎えたけれど初めて見ました。

なかなか趣がありますね。

その後、その近くにあると聞いていた、刺繍専門店「マリヤ」さんを見てきました。
c0248030_15413095.jpg
クリスマスを意識して、グリーンの艶のある糸を買いました。前回と同じ「ディアマン」です。
c0248030_15414672.jpg
刺繍教室の先生から「あまり品ぞろえが良くない」と聞いていたので、

期待していなかったのですが、確かに刺繍用の生地は少ないけれど、

洋書他色々なジャンルの本がとても充実していて、何時間でも居れそうな感じでした。

画集などの美術関係の本はもちろん、料理本や、包装紙の本などデザインの参考になりそうなものは、何でもありました。

「麗しのマリーアントワネット」という、絵や写真がいっぱいの最近出版された本までありましたよ。

ただ、東京の越前屋さん同様、店内は古めかしいというか、それがいいのかもしれないけれど、あまりお客様に愛想がないというか、殿様商売的な印象を受けましたね。

知識が一番なのですが、やはり感じの良い店員さんの存在が、行きたくなるお店の第一条件だと私は思います。

その後、主人は見た事がなかった「ミュンヘン市」を少しめぐりました。
c0248030_15421078.jpg
c0248030_15422523.jpg
c0248030_15424228.jpg
c0248030_15425505.jpg
私は去年見て、息子と一緒だったから小さなガラスツリーとお菓子を買いましたけれど、
やはり観光客価格だなと思います。雰囲気を味わうならとても良いと思います。

その後、大通から札幌駅へとのびる地下通路を歩きました。

そしたら、いつも何かしらのイベントが開催されている場所なのですが、今回は kuracheクラシェ「想いをつつむ」という名前で、色々なお店の出店がありました。
c0248030_15431014.jpg
私は、前から茶葉を入れる白い筒の缶を探していたのですが、なかなか見つからず、
お茶専門店で、白い缶を買ってムーミンシールを貼ろうと思っていました。

ですが、とても素敵な缶(デンマークの紅茶入り)を見つけたので購入しました。
c0248030_15432683.jpg
日本の職人さんが手作業で1つずつ作っているようで、結構な凹みがあったのですが、HPを調べたら、そういったものがあるそうです。

TE HANDEL というメーカー?ものです。神奈川の大磯にアトリエがあるみたい。

ずっと昔にどこかで似たような物を見た事があったなと思ったら、毎年デザイン変わるようで、
切り絵作家の山本祐布子さんがデザインした年もあったようです。

札幌では取扱い店は、「presse」というお店だけなんですけれど、主人が「うちの近くのお店じゃないの?」と言ったらまさにそうでした。

私が好きそうな雑貨店を探してくる能力がずば抜けている彼で、ここも以前に連れて行ってくれたのでした…。

ジャムは、アヲハタジャムのものです。

かなり昔にもスーパー用のミルク色のジャム瓶を出してくれましたけれど、こんなにかわいい図柄の物もあったのですね。
雑貨店用だと思います。

中身は、ベリー系のジャムです。

紅茶は、友人が来てくれたら開けて飲もうと思っていたのですが、学校閉鎖で約束が流れてしまいました…。

またゆっくりお茶しながらおしゃべりができたらなと思っています。

by lapinmillemille | 2017-12-22 15:40 | お出かけ | Comments(0)

子供の態度・様子 良かった編

さて、今日は息子の態度・様子で良かった点ですよね。

何かが出来るようになったとかではないんです。

苦手なものにも取り組めるようになった…という報告が出来るといいのですけれどね。

息子なりの気遣いとか、優しさを感じた出来事のお話です。

ちょっと前の話ですけれど、慣れないスキーで疲労がたまり、夕飯の支度にやる気が入らない私でした。

この日は、息子のリクエストでホットプレートで焼肉をしました。

ホントに頭がまわらない時は、朝息子に食べたいものを聞いて、多少手がかかってもそれを作る事にしています。

大体、ハンバーグ・餃子・から揚げ(こちらでは、ザンギと呼びます。)辺りが多いですね。

そして、野菜をたくさん取らせたいときは、豚汁かミネストローネまたはキムチ鍋にします。

その日は、焼肉用の野菜(キャベツ・もやし等)が、主人の分を除いても残ってしまいました。

翌日の夕飯を作るのは結構しんどいところまできていたので、

「明日は、お父さんは外食してもらうようにお願するから、私達はこの野菜で焼きそばでもいいかなぁ?」と

子供に聞いたら、「いいよ~。」と言ってくれました。

でも、気が付いたら我が子は焼きそばはそれ程好きではないのです。

なんだか、悪いなと思って、「他にあなたの好きな物を作ってあげるね、何がいい?」と聞いたら、

「食べられる物だったら何でもいいよ!」と言ってくれました。

多分、要望は出せると思うのですが、私が疲れている様子を察知して気を使ってくれたのだと思います。

その後、「お風呂はやっぱりシャワーじゃなくて、湯船がいいよねぇ?」と聞いたら、

「僕自分でやるよ、あっ、でも教える気力がないか。」と言ったので、

「今回は私が沸かすから、今度教えて自分でやってくれたら、お母さんとっても助かるよ。」と私は答えました。

また、この間のスカウトの忘年会の翌日は、昼過ぎに帰ってきたのですが、
「お母さん、このお餅みんなで朝ついたんだよ。食べて。」と言ってくれました。

前日夫とごちゃごちゃあったので、落ち込んでいた分、楽しかった出来事をすぐに私に話してくれる息子に、元気をもらえました。

そのあと、私は夕飯の支度は手を抜きたいと思って、カレーだけを作ろうと思いました。

お小遣いをあげて、息子に材料の買い物を頼みました。

そうしたら、うっかりしていて、お米が足りなかったのです。

「5キロは結構重いけれど大丈夫?」と聞いたら、「リュックに入れるから平気」と言って、ちゃんと買ってきてくれました。

帰って来て「肩が痛い」と言っていましたけれど…。

とても助かりました。体力はある、息子に感謝です。

…そして、お米は予算をかなりオーバーしていましたが、ちゃんと無洗米にしてくれました。

c0248030_15325165.jpg
↑大通公園で開催されている、ミュンヘン市の様子です。昨年の写真の使いまわしですみません。
去年は息子と2人で行ったのですけれど、今年は夫とちらっとだけ見ました。
「観光客向けだからいいよね。」と言って…。

その様子はまた次回にでも載せます。
c0248030_14023638.jpg
昨年は、ライトアップするガラスのツリーを買って、今年も飾っています。

by lapinmillemille | 2017-12-21 14:01 | 子ども | Comments(0)

クリスマスのディスプレイを少し。

そろそろ、クリスマスの飾り付けをしようと思ってきました。(遅い?)

東京などは、ハロウィンが終わった次の日から、クリスマスのディスプレイが出現しますが、こちらはそうでもありませんでした。

商売っ気が少ないと言えばそうなんでしょうが、やはりどこかのんびりしていますね。

毎年、クリスマスツリーにオーナメントとして飾っているシザーキーパーです。
c0248030_08243833.jpg
壁に飾ってもいいかも。

シザーキーパーは、西洋でははさみが手芸用品の中で迷子にならない為に、付けるものみたいです。

でもこれが付いていると、正直かえって邪魔で使いにくかったりするのですけれどね。

裏面です。
c0248030_08245974.jpg
クロスステッチのデザインは適当です。この適当がいけないんだろうなと思いつつ…。

以前のお教室では、美大出の現役デザイナーが3人いたのですけれど、根本的にデザイン・発想力が違います。

”刺繍は10年やってなんぼの世界”と言われていますが、経験年数とか肩書とかではなくて、

発想力やセンス、勢い(大胆さ)、そしてセルフプロディース力が大切だなと最近は感じています。

特に、世の中がネット社会になってからは。

「刺繍は平面でしか表現しにくいので、手芸クラフト全般を色々と体験して、様々なツールを持っておくと良い。」と

先生に常々言われているのですが、

自分は、「ヒーダボー刺繍と、スタンプワークを主にやっていきたい。」と考えていました。

でもこのままでは進歩がないなと、他の方のblogを見て思い始めたりしました。

でも、自分は自分のタイプがあるし、環境の違いもあるから、比べられないのですけれどね。


ツリーは、子供が年少さんの時に「とにかくいつ激突されるかわからないから、壊れてもいいものを。」と、500円で購入したものです。
c0248030_08252066.jpg
オーナメント付きにしては格安だと思います。

お友達に教えてもらって、謎の雑貨屋さん(健康食品や健康器具が置いてあるような)で購入したものです。

下のカゴが金色で派手なのが気になって、木の引き出しトレーに置いてあります。

本当はもっとシンプルで素敵なのが欲しいのですが、子供にとってはこういったわかりやすいタイプの物の方がいいのかな。

玄関には、松ぼっくりなどのお飾りに100円ショップで買ったライトを付けて。
c0248030_08253908.jpg
ライトは最近買ったのですが、今は100円ショップには色々なイルミネーションライトがあるのですねぇ。

こういった飾り付けをしてると、何だかちょっぴりワクワクしますね。

キリスト教を信仰している方々は、また想い入れの強さが違うのでしょうね。

by lapinmillemille | 2017-12-04 08:23 | 刺繍 | Comments(0)

ミュンヘン市

昨日の話に戻ります。
せっかく札幌駅近くの北大まで来たので、野鳥の会の後は大通りまで地下通路を歩いて、ミュンヘン市に行ってきました。

後ろにはテレビ塔が見えます。
c0248030_15271507.jpg
東京でもドイツ村というイベント(イルミネーション?)があったと思うのですが、雪が降る中でのこの催しは、趣が出ます。

(この日は、一日中大雪でした。)
c0248030_15302573.jpg
たくさんのクリスマス用品が並びます。
c0248030_15314117.jpg
c0248030_15315549.jpg
ちょっとお値段がはるのだけれど、この外国独特の飾りものが素敵だなあと思いました。
c0248030_15391750.jpg
ロシアのマトリョーシカ?もありました。
c0248030_15333355.jpg
あと有名な細工の木箱も。(欲しい~。)
c0248030_15342751.jpg
お土産に、アイシングのクッキーを買いました。

お菓子のおうちも売り物なんですって。↓
c0248030_15353145.jpg
しばし、クリスマスな気分を味わえました。
c0248030_15362447.jpg

by lapinmillemille | 2016-12-24 15:24 | お出かけ | Comments(0)

子供クリスマス会

今日は、ものすごい雪で、一気にドカッときましたね…。
c0248030_18230575.jpg
そんな中、教会の子供クリスマス会に参加してきました。

昨年、息子が小学校前でチラシをもらって来たのがきっかけで、今年も参加させていただきました。

讃美歌やイエス様誕生のお話の後は、ゲームをしたり、コントや実験を見せてもらったりで、子供達は大喜び!
c0248030_18265458.jpg
サンタさんからプレゼントをもらった後は、別室でケーキのデコレーション。
女の子も喜びそうな催しです。
c0248030_18282859.jpg
普段イチゴを食べさせてあげてないので、(北海道は異常に高いんです…。)イチゴ盛りすぎケーキを作っていました。
c0248030_18300884.jpg
それぞれ個性的なケーキの出来上がりです。
c0248030_18310524.jpg
子供達の笑顔は、私を元気にしてくれます。
今年も教会の方々に感謝申し上げます。

ちなみに、外の様子はこれです~。
c0248030_18325680.jpg

by lapinmillemille | 2016-12-10 18:21 | 子ども | Comments(0)

12月ですね。

本格的な冬到来です。
昨日は結構雪が積もりました。

今日は雨が降りましたし、気温が前日より9度も上がるとの事ですので、溶けてしまうでしょうが…。

根雪になるのは、もう少し先のようです。
c0248030_09382869.jpg
家にある、クリスマスっぽい物を総動員して、飾ってみました。

ツリーの文字のノエルは、ずいぶん前に刺したもの。

シザーキーパーにしていた形のをオーナメントに。

NOEL(ノエル)はフランス語で、クリスマスの意味です。
c0248030_09383673.jpg
こちらは、2年ほど前に、雑誌「ステッチ・イデー」のコンテスト用に制作したものです。

結果は、入賞でしたけれど…。(こちらの雑誌の掲載は5度目になります。)

サンタさんを刺した後、ひたすらスミルナステッチをぐるぐる刺し続けました。

そしたら、真ん中の部分が盛り上がってしまって、仕方なく裏側に綿を詰めて、浮き出てるようにしたものです。

これはこれでいいかなあ。

周りのオーナメントは、くるみボタンに刺繍をしたり、ワイヤーを入れて刺繍をして立体的に飾れるようになっています。

もちろんオリジナルのデザインです。

また来年も出して、12月に飾りたいなと思います。

by lapinmillemille | 2016-12-01 09:48 | インテリア | Comments(0)

メリークリスマス

ご無沙汰しております。

早いもので、もう年末に近づいていますね。

7月頃に完成させた、リースの刺繍を今頃公開します。
c0248030_8313335.jpg

c0248030_8343798.jpg


c0248030_8344656.jpg
c0248030_8345326.jpg


最初はスミルナステッチをひたすらしてリースを形作り、ワイヤーで作ったオーナメントや、糸で作ったボンボン、刺繍をしたくるみボタンを飾り付けしています。

刺繍雑誌のコンテストに応募したものです。
(結果は入選でしたけれど。)

あの時から、ずっと刺繍はお休みしています。

夏に体調を崩して以来、なかなか元にもどらず、現在は、無理をしないで少しゆったりするように生活しております。

最近は、もともと好きだった、生き物や植物にとても癒され、そのお世話に精を出しております。

ガーデニングの腕もがちょっぴり上がりそうです。

今の私にとっては、この状況が心地よいみたいです。

刺繍を再開するのはいつになるかわかりません。

でも、作品をみて素敵だなと思う心はありますので、また刺し始めれたらと思っています。

今年もありがとうござました。

皆様もよいお年を。

by lapinmillemille | 2014-12-25 08:40 | 刺繍 | Comments(0)