人気ブログランキング |
ブログトップ

ささやかな刺繍生活

abeille7.exblog.jp

タグ:展示会 ( 24 ) タグの人気記事

昔の、オリジナル作品 ver.ヒーダボー

せっかくなので、HP等を見直し抜き出してみました。

スカラップが大好きで、よくやっていました。

c0248030_13424849.jpg
ミニドイリー(モチーフ)を作って、雑貨店のイベントに出させていただいた時のもの。
息子が3~4歳の頃でした。

c0248030_13430427.jpg
ミニドイリーを2枚作って挟んで、シザーキーパーに仕立てました。
ボタンホールを円状にする、赤いヒーダボーリングを付けてお花に見立てました。

義理母への、誕生日プレゼントの一部として作りました。

c0248030_13425942.jpg
こちらは、刺繍雑誌「ステッチイデー」に載せるためのサンプル作品でした。

馬の体はスタンプワークで。左の馬のお顔が大きいわ…。

ベビー誕生時の刺繍の額装品の依頼で、その一部分です。
日本ヴォーグ社の「ステッチイデー」には、ライフスタイルを含め、4度掲載して頂きました。

c0248030_13431097.jpg
そして、私にとっての1番の大作の、ホワイトエプロンの裾部分です。
アンティークのエプロンを参考にしてあります。
以前の教室の専攻科卒業作品でした。

内側の細かいドロンワークもさることながら、
スカラップよりも、花びら部分のカットワークに時間がかかり、
とてもしんどかった記憶があります。

内側にバーを4本渡した後、布をカットするのですが、
どう頑張っても1つに1時間はかかり、
1日1つの花をノルマにしていて、8時間は刺していました。

ちょうどこのころ派遣の契約期間が終わって、家にいれた頃だったと思います。
仕事をしているのと同じ時間くらいは、と思って懸命に刺していました。

こう振り返ると、私結構頑張っていたんじゃないですか?なんて。
でも、まだまだ足りないと感じています。

やっぱり人間、だらけるのが好きだから(私だけ?)、
ついつい、面倒で刺すのがおっくうになってしまうのです~。

藤井四段みたいに、夢中になれればいいんだけれどネ。
まだまだ修行要素が強い、刺繍です~。

by lapinmillemille | 2017-07-04 13:53 | 刺繍 | Comments(0)

刺繍の先生の展示会へ 「パッチワーク編」

c0248030_09404247.jpg
次は、パッチワークの作品たちです。
といっても、パッチワークについて無知な私は説明ができないんですが…。

ただ、パッチワークは思ったよりずっと難しい作業なんだという事は、知っています。

特に布の重なる部分の合わせ方をずれないようにするとか、小さなピースをひとつひとつ積み上げて、こんな大作を作るなんて、私にはとても考えられません。

ベットカバーとか作る人を尊敬しちゃいます。

↑上の作品は、色合いも好みで特に素敵だなあと思った作品です。

c0248030_09403402.jpg
カエルちゃんの、緑のベルベットのお洋服がツボです。とってもかわいい!

ほんと先生は何でもできちゃうんだなあ。

すでに20代前半から先生として活躍していたそうで、キャリアがとっても長いのです。
c0248030_09400742.jpg
パッチワークや刺繍物を集めたコーナー。

人魚姫やアリスなどストーリーを感じさせる、ミニタペストリーは飾っておいても楽しいでしょうね。
c0248030_09405512.jpg
暗く映ってしまいましたが、こちらもパッチワークの部類に入るのかな?

パッチワークと言っても様々な手法があるんでしょうね。

ペガサスの上には刺繍も施されています。神秘的な感じですね。
c0248030_09402698.jpg
シンデレラのモチーフをパッチワークしたドレス。

普段は着るのは難しいでしょうが、仮装パーティーとかで活用できそうですね。

それにしても、ディティールが細かい…。
c0248030_09402158.jpg
こちらは、唯一和の雰囲気のパッチワークです。

パッチワークでここまで表現できるものなんですね。儚さを感じます。

隣の六角形ピースのパッチワークも大きくて、どんなに時間がかかっているんだろうと想像するだけでこちらがため息が出てしまいました。

c0248030_09411119.jpg
さてさて、先生と、お友達の生徒さんとのスリーショット。
真ん中が先生です。(右が私。)
(お二人には許可を得て載せています。)

先生は、フリルやリボンが付いたお洋服がとても似合う方で、いつもネイルも完璧ですし、
その上さっぱりした性格なのに優しくて、刺繍がお上手で、こんな方になれたらいいなあなんて思います。

その後、お友達とランチをしながらおしゃべりをして「きれいなものをたくさん見て、美味しいものを食べれて今日は良かったね。」となりました。

幸せな1日に感謝したいと思います。

by lapinmillemille | 2016-12-02 10:03 | 刺繍イベント | Comments(0)

刺繍の先生の展示会へ 「刺繍編」

11/26~12/1まで紀伊國屋札幌本店ギャラリーにて行われた、
4人のクリエイターさんによる「ブリコレ・ドゥ・サッポロ」展に足を運んできました。

先生は、とても細くて少女がそのまま大人になったような雰囲気のかわいらしい方なのですが
この小さな体のどこに、これだけたくさんの作品を生み出せるパワーがあるのだろうと感嘆いたしました。

前述したように、先生はパッチワークの指導者でもあるので、作品は両方あり、今回は刺繍に焦点をあてます。

では、私が言うのもなんですが、じっくりご覧ください。

c0248030_08512264.jpg
先生は、「不思議の国のアリス」が大のお気に入りのようです。

その世界観がよく表されているなと思いました。

プラス華やかさもありますね。スカートの部分が立体的で今にも飛び出してきそう。
c0248030_08521869.jpg
エプロン部分が、いま私もやっている、「シュバルム刺繍」になっています。
c0248030_08501897.jpg
こちらは、卵型のオーナメント。雑誌のコンテストで入賞した作品のようです。

ツリーを抱くくまちゃんがかわいい。
c0248030_08502345.jpg
ハンガリー刺繍のような、お花の刺繍。バックの馬の刺繍には、ミラーワークも含まれています。

丸い鏡の代わりに、外国のコインを入れるというアイディアには驚きました。

ミラーワークは私もやりましたが、ミラーを入れた後ひっくり返すような刺繍のやり方をするので、きれいに丸く刺すのがとても難しいものです。

c0248030_08503714.jpg
かわいらしい猫ちゃんの刺繍。立体的にする、スタンプワークでできています。

周囲のお花は、アップリケや、リボン刺繍で刺されています。色合いが素敵ですね。
c0248030_08522864.jpg
こちらは、ゴールドワーク。
私は習った事がありませんが、金の糸は扱いが難しいのは知っています。

金の金具の小さなワイヤーを縫い止めてあったり、ビーズのように細かく切った破片を縫い付けて、光の反射が効率よくなるように工夫されています。
c0248030_08524010.jpg
リカちゃん、勢ぞろい。
右からハーダンガー、ワイヤーワーク、クロスステッチ、ビーズ刺繍の衣装を着ていますね。
c0248030_08523531.jpg
ベビー用品かと思わせるような優しい色合いのかわいらしいポーチとお裁縫道具。

スタンプワーク他。こちらも何かのコンテストで入賞したものみたいです。
c0248030_08532527.jpg
こちらはビーズワークが主かな?白い可憐な雰囲気がいいですよね。
c0248030_08531853.jpg
案内ハガキに載っていた、大き目ポーチと、がま口バック。

靴の部分は何の刺繍だったか忘れてしまいましたが、バックのお花はリボン刺繍ですね。
c0248030_08525068.jpg
色々な刺繍を刺繍枠にしたものをオーナメント代わりにした、ツリー。

この手法は、大塚あや子先生の展示会でも使われていたような気がしました。
c0248030_08525919.jpg
ハーダンガー。
c0248030_08530740.jpg
そしてリボン刺繍。
バラの形がとてもきれいで、さすが先生だなあと思いました。
c0248030_08534688.jpg
先生はお洋服も作れるので、お姫様のお部屋のようなこちらのコーナーにはうっとりです。

暖炉のオブジェはほかの方の手作りで、白いチェストは先生がご自宅から持ってきたそうです。

統一感があって、素敵な空間だと思いました。
(搬入が大変だったそうです。そうですよね…)
c0248030_08535361.jpg
こちらは、ワークショップのための見本品(完成品)。

スミルナステッチを使ってリースを刺繍したものです。

初心者にはなかなか大変だったようで、参加された方々は時間がかかったみたいでした。

私もこの刺繍はコツを理解するまで、時間がかかったのを覚えています。

名前もお顔もブログに出してもOKという、まさかのお返事をいただき、載せさせていただきました。

次の「パッチワーク編」では、先生と一緒に写った写真を載せようと思います。

(私はちょっと恥ずかしいのですが…。こんなことなら、もっとちゃんとおしゃれして髪形を整えてくるべきだったと後悔しています。)

次回乞うご期待!(笑)

by lapinmillemille | 2016-12-02 09:24 | 刺繍イベント | Comments(0)

刺繍の先生の展示会

4月から刺繍教室に通っています。

全国展開しているお教室でも教えている、先生のアトリエで直接習うことにしました。

その先生の展示会が、11月26日(土)~12月1日(木)紀伊國屋書店札幌本店ギャラリーで開催されます。

c0248030_1515392.jpg

4名の方が出展されています。

先生は、刺繍と同時にパッチワークの先生でもあるのですが、洋裁もとてもお上手で、かわいらしいバックやポーチに刺繍をしたものが、写真に掲載されていました。

リボンをテーマにしているような印象を受けました。

私も見に伺う予定です。お近くの方はぜひ足を運んでみてくださいね。

まだだいぶ先ではありますが、お知らせはがきを頂いたので、載せてみました。

ちなみに、
Bricoler(ブリコレ)は、フランス語で「日曜大工をする、修理する、こしらえる」という意味です。

Bricolage(ブリコラージュ)「(家庭での)手仕事、日曜大工、修理」は、耳にした事があったのですが(一応仏文出身なので)ブリコレは、手仕事をするとはのっていなかったので、繊細なものをつくるというよりは、おおざっぱな家の修理などをするいうニュアンスなのかなと思いました。

by lapinmillemille | 2016-09-22 15:09 | お知らせ | Comments(0)

大塚あやこ先生の刺繍展

昨日は、前の刺繍仲間3人で、大塚あや子先生の個展「再発見」を見に行ってきました。

雨にもかかわらず、大盛況で、初日は入場制限があったみたい。

c0248030_828322.jpg
メディアでの印象が強い方ですが、刺繍作家生活35年目にして、日本では初めての個展だそう。

今回はスタンプワーク中心。

お花や虫たちの可憐な作品が色使いといい素敵で、つい見入ってしまいました。

技術も常に新しいものを取り入れて挑戦していらしゃいますし、デザイン力がすばらしいなと思いました。

きっと絵を描くのもお好きなのでしょう。

私は直接指導を受けたことはないのですが、何度かお見かけしてお話したことはあります。

友人はお教室に通っているのですが、とにかくパワフルでアグレッシブ、先生の背後には後光?がさしているようでみんな惹きつけられてしまうそうです。

また活力を頂いた気分でした。

お祝いのお花も見たことがないくらいたくさん!
とってもきれいでした。

c0248030_837282.jpg
c0248030_8394697.jpg
東京国際フォーラムDホールにて、明日19日までです。

by lapinmillemille | 2012-11-18 08:40 | お出かけ | Comments(0)

「いろは展」にお出かけ

デコラさんで2ヶ月に1度開催される、「いろは展」に今回も足を運んできました。

切り絵作家のsanemiさんの原画展も楽しみにしていました。

ポストカードを見ても、ちょっぴりノスタルジックな絵や色使いが素敵だなあと思っていたのですが、現物を見ているとなんだか作家さんの想いみたいなものが伝わってきます。

絵を通して、自分の気持ちを表現したいのだろうなあと思いました。

物づくりをする方は、みなそうだとは思いますけれど…。

鳥さんに鹿さん、いくつになっても女性が大好きな、動物さんたちがいっぱい。

写真撮影はOKでしたので、とくとご覧あれ~。

c0248030_1344759.jpg
c0248030_13443115.jpg
c0248030_13444087.jpg
c0248030_13444756.jpg
c0248030_13445610.jpg
ストーリーが出来ているので、最初から最後まで眺めるとsanemiさんの世界にどっぷりつかることができます。

明日まで。まだの方はお急ぎくださいね。

お店自体が雰囲気があって素敵なのはもちろん、色々なジャンルの作家さんの作品が一堂に集まっているので、見応えあります。

デコラさんにて。
c0248030_13462311.jpg

by lapinmillemille | 2012-11-02 13:51 | その他 | Comments(0)

JACA刺繍展

以前に刺繍を習っていたお教室JACA日本アートクラフト協会の「欧風刺しゅう展」に足を運んできました。

色々な技法を用いた、かわいらしいオーナメントがいっぱいの、カード。
c0248030_11132134.jpg


2年に1度東京の画廊で開催されています。

先生方の力作ぞろいで、毎回すばらしいなと思わずにはいられません。

写真撮影は禁止で、ご紹介できないのが残念ですが、大作がずらり。

ぜひお近くへお越しの際は、のぞいてみてくださいね。

ここまで刺繍で表現できるのかと感動してしまいますよ。

見栄えの面ではスタンプワーク、繊細さでは白糸刺繍が印象に残りました。

自分は何年かかってここまでいけるのかな?(いや、いけないなー)なんて、思ってしまいますけれど、皆さん家のことや子育てをしながら努力をしてきているので、見習うべきものがたくさんあります。

指導科クラスで一緒だった友人は、(私は妊娠で途中でやめたのですが)既に更に上の、研究会に入って作品を発表していますし、
今回一緒に行った友人は、他の有名なお教室で技を磨いています。

自分はあまり頑張っていないなーなんて、思ってしまいますが、
いつかまた集中できる日が来ることを信じて、希望は捨てないでおきたいです☆

とっても良い刺激にまたなりました!

17日月曜日まで開催されております。

詳細をのせますね。
お教室の先生方も、若い方に興味を持ってもらえることを願っています。
c0248030_11183777.jpg

by lapinmillemille | 2012-09-13 11:23 | お知らせ | Comments(0)

marche au bon gôut(オーボングーさんの作品展)

ネットで知り合った、素敵なステッチ小物をつくられるオーボングーさんの作品展にゲスト参加させてもらったわけなのですが、
それはさておきとても素敵な空間を感じる事ができました。

c0248030_20502597.jpg
初日で、展示品を除くご本人の作品は完売してしまったとの事ですので、全作品の様子ははオーボングーさんのブログからどうぞ。

フランスの小さなお城を思わせるような素敵なカフェに、丁寧な手仕事の小物たち…。

ディスプレイも素敵でため息が。

久しぶりに、このような感覚を味わえて幸せだったと思います。

私の作品はアルファベットモチーフとシザーキーパーのみ。

メルスリー(手芸小物)や、素敵なポストカードと一緒に飾っていただきました。

手仕事の細かさが少しでも多くの方に見てもらえたといいのだけれど…。
c0248030_20525989.jpg
c0248030_20522781.jpg
c0248030_20512617.jpg
c0248030_20505514.jpg
c0248030_20515772.jpg

by lapinmillemille | 2011-02-20 20:45 | 刺繍イベント | Comments(0)

l'exposition de broderie(刺繍展)

以前に通っていたお教室の、先生方の作品展に足を運んでまいりました。

会場が東京の画廊に変わっていて、ゆったりとした空間で見れました。

テーマは、"色との出会い"みたいな感じで、カラフルな刺繍が多かったような気がします。

私は繊細なホワイトワークの方に、見入ってしまいましたが。

指導科の途中まで同じクラスで一緒に刺していた仲間も、もう作品を出す側にまわっていて、
かつて一緒に見に行っていたのがうそのようです。

時が経つのは早い~。

育児や家の事しかしていない自分にとっては、別の世界を味わえた気分です。
c0248030_22371252.jpg

↑作品は写真を撮れませんので、ぜひお近くに用事がある方は、実際にご覧になってみてほしいです。

どれも気の遠くなるような時間をかけてある、すばらしい作品ばかりです。
見るだけでも、また色々と頑張ろうと私には思えました。

by lapinmillemille | 2010-05-22 22:34 | 刺繍 | Comments(0)

le sorti(お出かけ)

今日は浅草へお出かけ。

以前に通っていた刺繍教室の、卒業作品展示会が浅草公会堂であったからです。

お世話になった先生にも一目会えるかなーと、期待しましたが会えずじまい。

でも、色々な科の方の作品を見れたし、一生懸命刺すことの大切さを、思い出させてくれました。

指導研修科の作品は、やはり高い技術ですばらしく、本科・専攻科の方のは、初々しさの中にも、
チャレンジ精神みたいなものが見れてよかったです。

以前はそうでなかったと記憶しているのですが、撮影禁止になってしまって作品をご紹介できずに残念。
c0248030_08061058.jpg
↑またいつかはお教室に通うことができたらなと思っています。本科だけなく、刺繍別のクラスもあるので、忙しい人にもいいかも…。
まだまだ古い感じがするのは、否めないのですが、しっかり技術を学ぶにはよいと思います。

by lapinmillemille | 2010-03-22 08:03 | お出かけ | Comments(0)